« クヒオ大佐 | TOPページへ | 小泉今日子「優しい雨」 »

2010年03月28日

● 空気人形


映画「空気人形」のDVDを入手したので見た。^^




まぁ、たまたまなのであろうが新発売される日が重なって 届けられるDVDがまとめてドンと来る時が年に数回ある。


そんな今回の新作DVDの中で 結果から言えば最も心に残った一本は この「空気人形」だな。


空気人形


原作者である業田良家の漫画はずいぶん昔、週刊誌でよく読んでいた記憶がある。


そんな中に「ダッ○ワイフ」ネタもずいぶんあったので それらの中からこの映画の主軸となった話があったのであろうけど記憶が定かではない。^^;


監督である「是枝裕和」のファンだと自称する人達の多くは 妙に映画を小難しく語る輩が多いので辟易とし、おそらくはそんな人達にこの「空気人形」は また小難しく絶賛されるのだろうナァ…と思う。^^


まぁ、そんな事はどうでもいい。


空気人形


どういう意図や理由かは知らないが、主役の人形に「ペ・ドゥナ」をキャステングした事 それが最も私の評価したい点。


率直に言って 私は韓流映画や韓国人俳優が嫌いだ。


それについては ここで述べるつもりは無いけれど、ともすれば偏見とか差別と罵られようとも「嫌いだ」とだけハッキリと記しておく。


しかしながら、ドラマや映画の構成の中で それなりのちゃんとした理由があって韓国人俳優が日本の映画やドラマに起用される事全てを否定するつもりも全く無い。


空気人形空気人形


例えば、この「空気人形」の場合 ただのビニール人形が心を持ち、言葉を話し… その成長過程みたいなものを描く時、日本の若手女優を起用するよりも外国人のカタコトの方がシックリする。


で、映画を見終えた総論的感想を述べると…


うまく理由を自分でも文章に表現しにくいのだが 久しぶりに「切ない気持ち」にさせられた。


見ていて一度も泣かなかったのだが、なんて言うか… もう少しで泣きそうな…一歩、いや二歩手前ぐらいのツンとした感じとでも言おうか


空気人形


この「心を持つことは 切ないことでした」という台詞に全てが集約されているんだよね。




空気人形

「寺島進」と


空気人形

「柄本佑」も出演していた。





お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『切ない映画』関連の記事

コメント

ペ・ドゥナ起用の理由は監督がファンだったから、
真っ先にオファしたそうです。

劇場で見ました。
同様の感想にちょっと重いものを感じました。
人のエゴを浮き彫りにした映画でもあったと思います。

日本の女優もどきじゃ脱げないでしょうねー
原作は未読なのですが、大分違うんでしょうか?

★ seen さん

>日本の

喋りさえしなければ、お人形さんみたいな女優(?)は沢山いるんですけどね。^^

>原作

総じて、業田良家の漫画はシュールな印象が私は強く感じた記憶があります。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。