« 長女が結婚 その2 | TOPページへ | トリック 第1話 »

2010年03月14日

● 火の魚


SPドラマ「火の魚」を観た。




火の魚


ヤラレた。(ToT)


久しぶりに、見終えた後 呆けた様になるほどヤラレた。


火の魚火の魚

火の魚火の魚

火の魚火の魚


「尾野真千子」には いつかきっと思いっきりヤラレると思っていた。


自慢じゃないが、「尾野真千子」がデキル女優だと2年近く前からこのクソ・ブログで語ってきたが 最初の頃、殆どの人が「誰それ?」状態で関心を示してくれず、ごく限られた数人だけが食いついてくれただけだったのを 私は今でも覚えている。^^


だからこそ、反感をかう事を承知の上で あえて言わせていただけば…


「俺の目に狂いはなかった」


という自負と


「おそらくは、これで今まで以上にドンと知名度も上がり 良い役に巡り会える機会も増えるだろう」


という確信に 心の底から満足している。^^


野暮と言われるかもしれないが、この「火の魚」というドラマの折見という女性の役を「尾野真千子」以上に演じてみせる女優が 今、どれだけいるか?


あくまでも、個人感だが 折見というキャラクターに必要な要素は


・今時珍しいぐらいの丁寧語の喋りが似合う雰囲気


・化粧っ気の薄さが自然に見える容貌


そして、最も重要な点は


・教養と知性を示す説得力


他にも挙げようと思えばいくつか条件が考えられるが、上記3点をクリアできる女優がどれだけいるか、誰が該当するか 御一考されてみると良い。


何人か候補者がいないわけでは無いのだが、いざ考えてみるとなかなかいないんだなこれが。


火の魚

「申し上げて宜しいんでしょうか…」


「折角の機会ですから申し上げますと…」


上のシーンで折見が そう切り出した途端、はじめて折見の本心が吐露され それはそれまでと同じ口調、話し方なのに まるで別人の様な姿に映る。


ここまで見事に演じ分けられる女優は そんなにいない。


その上で、


火の魚


さらに、全く違う 三番目の姿にさえ演じ分ける。


まったく、たいしたもんだななぁ…


火の魚


この表情を見せられただけで 私は涙が噴き出した。


そして、


火の魚


この深々とした一礼に「もう、勘弁してくれ」と謝った。


ドラマの内容に関して 文句なんか無い。


演出も脚本も申し分無い。


原田芳雄も素晴らしかった。


火の魚

ラストの「タバコが吸いてぇ」という叫びは 現在、入院中にも関わらず タバコを愛飲する私の生き方が間違っていないという確信さえ貰えた様な気分になり嬉しかった。


火の魚火の魚

火の魚火の魚


でも、何よりも「尾野真千子」が素晴らしく それを語り続けてきた事が間違っていなかったという事が 一番嬉しかった。




火の魚火の魚


昼間、土曜スタジオパークと言う番組の中の1シーンだが 見逃した人の為にお裾分けしておく。^^






「スタート」をクリックして 動画をご覧下さい。


【管理人注記】

この動画は 数日間で視聴期間が終了となります。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『尾野真千子』関連の記事

コメント

うわ、くそ、見逃した・・・

★ うごるあ さん

え~っ うごるあさんこそ見なきゃダメでしょ これは。^^


とち子、という役名もすごいなーと思いました。とち子・・・。
ブタネコさんを泣かすなんて凄い。

・・・絶対泣いてると思いましたが

すみません(汗)

久々に良質のTVドラマを見せてもらいました。
印象的なセリフがたくさんありましたね。
原田芳雄はもちろんよかったですが、尾野真千子も素晴らしかった。
彼女以外で考えられる女優は、片岡礼子さんかな?
ブタネコさんは「鬼火」という映画は観ましたか?
いいですよ~。

はじめましてbenと申します。
最近こちらのブログを発見して色々拝見させて楽しませていただいてます。

さて、この番組、ブタネコさんはどんな感想をお持ちなのかと興味津々でおりました。

私も最近のドラマの中では秀逸の出来だと思いました。
引き込まれて時間の経過を忘れるほどに…
特に民放では決して作れない国営放送のドラマの作り方と申しますか。
たまにこんなの作るから侮れないんですよね(笑

折見と村田の関係が最後まで「いち編集者と作家」の関係を崩さなかったのが良かった。
凛とした口調の折見が凄く魅力的で村田でなくてもねぇ、惚れてまうやろ〜って感じです。
おっしゃる通り折見役は尾野真千子以外には考えられず、尾野真千子だから成立していると感じますね、原田芳雄との絡みも絶妙で。
原作と若干設定を変えているみたいですが、それにしても脚本の渡辺あやにまたしてもヤラレた感じです。
脚本、演出、舞台と俳優が見事に昇華した幸福な番組だと思いますね。
未見の人には是非見て欲しい短編だと思います。
特に尾野真千子をチェックしている人は必見ですよ。

後で知ったんですけど最初の放送から数えて地元では5回ほど放送されていて、自分なんで今まで見てなかったんだと突っ込み入れてました(苦笑
暇があったらロケ地も近隣なので行ってみますね。
ではでは〜

ブタネコ様のために、「真幸くあらば」のDVDが早く発売されることを祈っております。
また、自分のために「渡辺あや」のカテゴリーが設けられる日が来ることを祈っております。

ブタネコさんへ
ご無沙汰しています、入院中にもかかわらず一貫して偏屈を通し続けている姿、尊敬に値します。
さてこのドラマ、いつものように面白い番組がないかとチャンネルをガチャガチャまわしていたらBS-Hで懐かしい広島弁が耳につき思わず引き込まれました、番組の中盤からでしたので残念に思っていたら夜にNHK本体での放送があるとのことで再度全編を通して見る事ができました。この女優さんに魅了され、どこがそんなに素敵なのか分かりませんでしたがこの記事でブタネコさんが指摘した丁寧語のしゃべりが似合う点に集約されると気付きました。老小説家に臆せずどうどうと意見を述べるシーンは拍手ものでした。ロケが行われた島は親戚がたくさん居る島で40年以上前に頻繁に訪れた島です、護岸工事が綺麗にされていて驚きましたが海藻でかかれた龍の絵のシーンでの海の水の色は以前と同じでした。

★ akubi さん


ええ、泣きました。


★ クロネコ さん


>片岡礼子 「鬼火」

「鬼火」は見ました。

でも、片岡礼子という女優さんは記憶に残ってないですね


★ ben bertolucci さん


こちらこそはじめまして^^


>たまにこんなの作るから侮れないんですよね(笑

仰る通りで。^^


>原作と若干設定を変えているみたいですが

私は原作を読んでいないのですが、室生犀星の作となれば時代設定は大きく変化するだろう事は想像できますね。


★ mercenary さん


>ブタネコ様のために

なんか、私の寿命が さほど長くないから死ぬ前に…って言われている様な気分になりました。^^


>「渡辺あや」のカテゴリー

今のところ、予定は無いですね…


★ タンク さん


この女優さんは 私にとって最大の注目株なんです。^^


ブタネコさんが絶賛していた尾野真千子の作品を「火の魚」ではじめて見ました。
彼女のもつ芯の通った佇まいに魅了され、痺れました(ToT)

★ うんぼぼ さん

私も再放送を見ました。

やっぱ、この作品は良い 尾野真千子の魅力を再確認しました。


私がはじめてみたのは2009年だったと思いますが

原田芳雄の演技と音楽が素敵でしたが
尾野真千子の男顔美と演技にも魅せられました

検索して判ったのですが、奈良県内の中学校で河瀬直美がスカウトしたと

玉を見抜く監督の眼力に驚いたと同時に
ヒラヒラとかけぬける尾野真千子のしたたかさを感じました

★ さて さん

コメントありがとうございます。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。