« ハクチョウ(ウトナイ湖にて) | TOPページへ | ウトナイ湖(オナガガモ・ハクチョウ・オオセグロカモメ) »

2010年02月26日

● 怪奇大作戦セカンド 人喰い樹


「怪奇大作戦セカンドファイル 人喰い樹」のDVDを入手したので見た。^^




「怪奇大作戦」と言えば1968年に放送された最初のシリーズは 子供向けというより、もう少し上の世代をターゲットにしていたのか とても怖い内容の番組という記憶が強い。


でもね、怖いぶん面白かったんだよなぁ…


人喰い樹


人喰い樹


このセカンドファイルは資料によると2007年に某国営放送で放送されたらしいのだが、私は全く気づいていなかった。


全3話の構成で 今回、DVDを入手したのは第3話の「人喰い樹」のみで それは「木村多江」が出演していると聞いたから。


人喰い樹人喰い樹

人喰い樹人喰い樹

人喰い樹人喰い樹


で、見た感想を述べると…


まぁ、「木村多江」PVとしてはそれなりに楽しめたのだが 怪奇大作戦本来の「怖さ」という部分が皆無に等しく、SRI(科学捜査研究所)のメンバーに関するキャスティングが学芸会の方がマシといったレベルの為 最初のシリーズを知る者としては期待外れもいいところだった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『空想特撮シリーズ』関連の記事

コメント

ウルトラQにしてもセブンにしても、後年別シリーズが作られましたが
やはりオリジナルがいいです。

久しぶりに石坂浩二のナレーションを聞いてみようかな^^

★ sonden さん

今、オリジナルを見直すと 時代感と共に粗さみたいなモノも感じるけど なんか最近のとは一線を画す情熱みたいなモノを感じますね。^^


怪奇大作戦…幼少の時に震えながら見ていたのを思い出します。

いまだに脳裏にこびりついて離れないのは、
「青い血の人形」と「オヤスミナサイ」の2本ですね。
ストーリーも何も覚えてないけど、コワい!という強烈な感覚と忘れられないタイトル。

この年になって思いますが、幼稚園小学生の時にどれだけ名作というのに出会えていたのか、幸運な世代なのではと最近思うのです。(もんのすげーテレビっ子でした)
テレビドラマ、映画にやかましくなったのは、このせいだと自覚しています。

★ Hirame さん

私は なぜか「雪女」が今でも記憶に残ってます。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。