« 不毛地帯 第14話 | TOPページへ | 年末年始の乱 追記(その3) »

2010年02月07日

● 木下あゆ美 in 仮面ライダーダブル♪(前編)


木下あゆ美が見たかった、そして その声が聞きたかった… ただ、それだけだ。




仮面ライダーダブル


仮面ライダーダブル仮面ライダーダブル

仮面ライダーダブル仮面ライダーダブル

仮面ライダーダブル仮面ライダーダブル

仮面ライダーダブル仮面ライダーダブル

仮面ライダーダブル仮面ライダーダブル

仮面ライダーダブル仮面ライダーダブル


だいたいね、ここ数年 日曜日の朝8時なんて 私は熟睡してる時間帯。


そんな時間に起きて しかも、仮面ライダーを見ている。


たったそれだけの事が 札幌市内の片隅にある病院の一角では大変な騒ぎとなっているなんて私は知らない。^^;


「起きてるぞ」


「あぁ、しかも TVで仮面ライダー見てますよ」


「それも、何故か 目尻を下げてウットリした顔で見てる」


「脈はあるのか?」


「息はしてます だって、時々ヘラヘラ笑ってますもん」


そんな私の様子を 病室の入り口から担当の看護師や医師が覗き見しながら会話が交わされている事など私は知らない


だって、木下あゆ美に夢中だからだ。


「おい、朝食 運んだのか?」


「いえ、基本的に あの方は この時間、起きてないし いつも通り10時過ぎに起きても

 ”ブレックファストなんかいらねぇ 俺はブランチ主義者だからよ”…って

 朝はオレンジジュースかコーヒーと 院長から指示されている点滴なんです」


「でも、起きてんだよ? 今日は。 なんか持っていくか、欲しいモノあれば聞くかしたほうが良いんじゃね?」


「ですよね…」


仮面ライダーを夢中になって見ている私の不意をつくように 看護師が病室に入ってきて


「ブタネコさん おはようございます 今日は早いんですねぇ」


「なんだ? 用ならとっとと言え(あゆ美ちゃんの声にノイズ入れてんじゃねぇよ)」


「あ、朝御飯 どうします?」


「んなものいら… いや、折角だから レモンティをくれ」


「え?」


「木下あゆ美と言えば”レモン” コレ常識だろ? レモンティだよレモンティ」


「自動販売機に紅茶なんか無いですよ…」


「だったら、院長に そこのコンビニ行って買ってこい…って そう言え」


「今日、日曜なんで 院長先生は来ない…」


「あぁ? 使えない野郎だな…」


「で、あのぅ…」


「無いならいいよ、それより 俺は今、真剣に このTV見てんだから邪魔すんじゃねぇ 用があるなら8時半過ぎに出直せ」




それが、今朝の出来事だ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『木下あゆ美』関連の記事

コメント

脚本や演出の拙速には目をつぶり、
久しぶりにジャスミンを堪能できました~

木下の出演シーンは役得監督の愛情が感じられました。

★ 支店長 さん

ま、来週もあるって事で^^


エントリに(1)が付いていたので 「 あれ?」と思いましたが 2本撮りなんですね 嬉しいです^^;


綾瀬はるかの情報を貪り perfumeを聴きまくった挙句

今度はライダーを録画している男に 家族が離れていくのを痛いほど自覚しています^^;


★ 虎馬 さん

>家族が離れていくのを痛いほど自覚しています

良かったじゃないですか、邪魔が入らなくて^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。