« 2008年1月24日に撮った写真から | TOPページへ | F-15 2009年晩秋(2) »

2010年01月30日

● 雑感(1月30日)


つまんねぇ世の中になったなぁ… なんか、最近 つくづくそう思う。




関係の無い人、興味の無い人にとっては どうでもいい実にクダラナイ事でなんだけど「何か」が違っちゃってないか?と感じさせられる事が子供の頃や学生の頃、そして社会人になって以降と 歳を重ねる毎に増えてきた様に思えるんだな。^^


例えば、自民党政権から民主党政権に変わり 多少なりとも「何か」が変わるんじゃないか? 世の中の人はそう期待したらしい。


私は自民とも民主も というか、どの政党も大嫌いだから、その点については何も期待はしていないが、政権交代してしばらくが過ぎ そろそろ待ちくたびれて騒ぎ出す人も増えれば、民主党もボロを出し 毎日、騒いでいるのは皆様御承知の通り。


そんなのを眺めていて 私はたった一つの事だけ、何故その事を 小沢や鳩山を問い詰める人がいないのか、ず~っと それが不思議でならない。


それは、自民党政権時代に 自民党の代議士の誰か本人、秘書、後援会 それらの誰かに不正疑惑が生じた時、当時 野党民主党の鳩山や小沢は その疑惑が生じた議員を指して何と言っていたか?


「議員としてあるまじき行為」「議員辞職せよ」「国会で証人喚問せよ」


そう言って、叫んでいなかったか?


であれば、尚更 今の様に逆の立場になったら 範を示す意味でも、正々堂々とその時に自分が問題となった自民党議員に要求した事を 自らがやってみせないのか? 他人から言われる前に やって見せてこそオマエ達の言う正しい姿なんじゃないのかな?と。


私にとっては それ以外の事なんかはどうでもいい。




さて…


私が愛用していたソニーのゲーム機であるPS3が壊れた。


電源を入れたらピピッと電子音が鳴り、LEDが緑色 ファンがヒュ~ンと鳴りだして 正常であれば本来はメニュー画面が表示されるのだが ヒュ~ンと鳴りだそうとしたところでLEDが黄色になってファンが停まり、ピピッと電子音が鳴り、LEDが赤色点滅となってストップ


ソニーのサポートに電話で症状を言って確認したところ

「プログラムを読み込もうとして読み込めずに生じたエラーである可能性が最も高い」

との事。


ちなみに、私はそれなりの大学の理工学部(情報工学系)を卒業しSEだった経歴を持つ。


いわゆる、自作パソコンを組み立てたり改造する最低限の知識と技術は持っている。


例えば、アナタが今 普段、愛用しているパソコンが ある日、電源スィッチを入れたところ なんかファンは回っている音がするのだが、画面は真っ暗のままでWindowsが立ち上がらない…なんて症状に見舞われたら どうする?


知識の無い人は故障だと判断し、修理依頼するか


「@年使ってるからな寿命だと思って これを機会に新しいのに買い換えようか」


なんて感じになるよね?


多少、知識のある人であれば 本体のカバーを開けて エアーダスターや掃除機で中に溜まった埃を掃除すると 多くの場合、何事もなかった様に正常に戻る。


掃除をしても症状が改善しない場合は 原因となり得る可能性をピックアップして検証してみる。


あくまでも個人的経験で言えば そういった現象の場合、電源ユニットが劣化して必要とする電圧に足りない場合…というのが原因である事が多い。


この場合、代用でき 今までよりも少し上の電圧をとれる電源ユニットに交換すれば何事もなかった様に正常に戻ったり、劣化した電源ユニットがギリギリで稼働していた時に比べて 目に見えて動きが速くなったりする事もある。


要は、電子機器類の「故障かな?」の場合 掃除で改善するケースが非常に多い…という事。


PS3というゲーム機は ジャンルとしてゲーム機に分類されるけど、構造はパソコンと大差ない。


従って、掃除をすれば改善する可能性は大きい。


ところが…だ。


PS3を所有している方なら御存じの事だが 本体のケースを開けようとすると 肝心なネジを隠す様に封印シールが貼ってあり


「ラベルが一度はがれた製品は、補償期間の内外、有料無料などを問わず、一切の修理をお断りします」


と、書かれている。


わざわざ聞かずとも結果は判っているのだが、あえてソニーのサポートに電話をして確認してみる


「本当の意味での故障か ただの埃の詰まりかを確認するだけなんだから ラベルをはがしちゃ駄目かい」と。


すると


「なんらかの不法な改造が為されたり、(ハッキリとは言わないが 要約すれば)素人仕事で余計に壊されたりは迷惑

 …などの事があり得ますので お断りしております」


との事。


「先程、プログラムを読み込もうとして読み込めずに生じたエラーである可能性が最も高い

 …って言われたんだけど、その場合 どんな修理になる可能性が高いの?」


「大抵は マザーボードの交換ですね」


「掃除したら直る可能性と 何らかが原因で故障している可能性 比率で言ったらどれぐらいだと思う?」


「それは 開けて中を見ないと何とも…」


まぁ、さもありなんとは思う。


要するに、修理の担当部署にそのPS3を送り診断結果を待ちなさい…って事で それは一応の理解は出来る。


でもねぇ、偏屈な私は ソニーという会社が 心底から信頼できる会社であれば何の違和感もたぶん抱かないのだが、そういう会社とは感じていないので そのプロセスに納得がいかない点がある。


率直に言えば ただの埃詰まりであるかもしれないのに「ハードディスクに損傷が見つかりました」「マザーボードに不具合が」等とソニーが診断した場合に 中を見れないユーザーがそれを鵜呑みにしろ…って事だ。


つまり、現行のシステムでは ソニーの修理部門以外による検査や修理をソニーは認めていないから、故障か否か 故障だとすれば厳密にどの部位かは 全てメーカーであるソニーの言い分が全て…って事


「もし、マザーボードの修理だったら おおよそ、いくらの修理代?」


「1万8千円ぐらい」


この辺の数字のバランスも 疑ってしまえば実に絶妙なバランスで 現在、新品のPS3が安い店だと2万数千円で売っている そう、ちょっと追い金出せば新品が買えるよ値段設定なんだな^^;


私は以前、PS2が壊れた時に ソニーの対応にひどく腹を立てた事がある。


その当時のPS2の故障の多くは ソフトのROMを読み込むヘッドユニットを動かす螺旋状のロッド部品のかみ合わせが摩耗してしまう事と それによってマイクロスィッチの接触不良が生じる事。


単純に交換する部品代で言えば せいぜいが数百円の消耗部品だ。


しかしながら、それをソニーは「ヘッドユニット交換」として9千数百円の修理代を請求してきたのだ。(本体の新品価格は1万5・6千円だったと思う^^;)


酷い商売してやがるなぁ…って思ったその時以来、ソニーを私は信用していない。


あくまでも個人的な限られた地域での話だが、昔(PSなんかが世に出るはるか前の時代)ソニーの修理センターが私の住む札幌では大通りの7丁目か8丁目にあり、ラジカセが壊れて そこに持って行くと、見るからに技術者って感じのオジサンが裏蓋のネジを外して ある程度中が見える状態にして


「ほら、このトランジスタの基盤のトコ ちょっと変色してるでしょ?

 少なくとも コレ交換しなきゃ駄目だな…」


と、最低限 なにがどうなっているかを教えてくれた上で 修理期間と費用を見積もってくれたものだ。


どんなに時間や費用がかかろうとも、納得した上でなら全く気になどならない。


まぁ、古き良き時代と言われればそれまでなんだけど 当時、松下とソニーは値引きしないし、価格設定も高いぶん そういう時には「うわぁ、ソニーって親切だ」と納得もさせてくれる会社だったから 私は親ソニー派だったんだけどね。


メーカー側の内部事情としてコスト面やシステムの合理化で 修理センターを国内の何処かに集約し 発達した宅配のネットワークを利用して行うというスタイルは 何もソニーに限った話ではなく 今ではどのメーカでも当たり前の姿でもある。


でもね、もう一度言うが ソニーよ、今のオマエは少なくとも俺からは信用されたメーカーじゃない。


第三者検証を認めようとしないその姿勢で オマエの言い分だけを鵜呑みにするのは納得がいかない。


というわけで、ラベルをはがして分解し 徹底的にほこりを掃除したところ、PS3は正常に動いた。


ただし、何の改造もしていないし する気など毛頭ないが、本当にこの本体が故障した時は ただのゴミ扱いする他なくなった。


「それは 開けて中を見ないと何とも…」


サポート窓口のマニュアル応対に一応の理解はするけれども それと全く同じ事がユーザー側にも言えるわけで


「せめて中を目視と掃除ぐらいさせろ」


ソニーの社員が 自分の持っているX-boxやwiiが壊れたら マイクロソフトや任天堂に言ったり思ったりしないものなのかね?


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2010年)』関連の記事

コメント

私が家電製品を買う時の第一条件は

「ソニーじゃないこと」

です。

理由は

「すぐ壊れるから」


・・・ってな事を言うと、少なくとも私の周りは「あー、そうだよね」と納得してくれます。

昔はソニー信者ってのがいましたよね。
なんでもソニーじゃなきゃだめって人。
ラジカセの頃に聞いた話だとソニーは回転数が早いので、ソニーで録音したらソニーでないと再生できないって話でしたね。回転数が早いって事はそれだけ音はいいんだと思いましたけどね。

さて、いよいよ木下あゆ美がロス帰りの刑事という役回りで仮面ライダーWに出演です。
頑張って、応援したい物です。

★ うごるあ さん

>「すぐ壊れるから」

たしかに、今のソニー製品は 壊れやすいと私も思います。


★ 支店長 さん

私もソニー信者でした。

ですが、ソニーがベータ方式を諦めた瞬間に 私の信仰も終わりました。


ご無沙汰しております。ドラマや役者にはうといのでコメント投稿は控えていました。自分は特にこれと言って積極的に支持している政党がある訳ではありませんが、自分も正直どの政党も大嫌いです。ただ日の丸を切り刻んで何とも思はない政党やその支持者は軽蔑し嫌悪し、支持する気はありません。日の丸に敬意を表している政党は支持するつもりです。
私が家電製品を買う時の第一条件は

「ソニーじゃないこと」

です。

理由は

「すぐ壊れるから」 これは自分も同感です。そして店先にカタログを置いておきながら生産中止にするからです。
生産中止にするなら中止する前にカタログを回収しとけよと思いました。

★ zippotaka さん

ども、お久しぶりです。^^

そう、簡単に生産中止にするんですよね 同感です。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。