« 玉木宏 in 笑っていいとも♪ | TOPページへ | 外事警察 最終話 »

2009年12月19日

● シスター 後編


ドラマ「シスター」の後編を見た。




シスター


基本的に


シスターシスター

シスターシスター

シスターシスター

「加藤ローサ」と


シスターシスター

「田中圭」が見れればそれでいい…


で、後編を見終えて感じた事は「惜しい」である。


このところ、シットリ系のストーリーの良作に恵まれていないから、そう言う意味では楽しめたのではあるが、思うにイクマの人物設定が少し間違えていると思う。


写真が盗作だったのか否か、ストーリーのラストで描かれた様な事が真実だったのだとすれば 当初のイクマがユイに見せた言動や反応はおかしくないかな?…って思うのだ。


おそらく、ラストの踏切のシーンを物語の真の意味でのラストにする事で「あぁ、なるほどな」と視聴者に思わせる構成意図は理解が出来る。


しかしながら、そのために 前後のシーンの時系列が入り乱れてしまっており、そのいくつかに中途半端な描写が混じっているから 結果的に難解になってしまっている。


で、その辺を整理しながら見直してみると、イクマの言う「なれない芝居しちゃったよ」という言葉の「芝居」が ちゃんと描かれていない事に気づけると思う。


そして、一番理解に苦しむのは 一緒に住んで、愛していた女性の妹との出会い方。


シスター


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『田中 圭』関連の記事

コメント

「惜しい」なんかこれ解ります、
意図したい方向はわかるのですがなんだか無理しすぎのような気が^^;
無理に伏線を張ろうとしてうまくまとまらなかった様なドラマになってしまったじゃないでしょうか。

ここの局ってたまに好感のもてるドラマ作るよな なんて偉そうに思ってます^^;

★ けんしろう さん

3人の それぞれの視点から見た違いを交錯させる…という手法は悪くないとは思ったんですけどね。

惜しかったなぁ…

>ここの局

たしかに最近、そう感じるドラマがありますね。


前半が面白かっただけにちょっと残念でした。

時系列が乱れて過ぎていて分かりにくかったり、いろいろとはしょられてたり...
全4話くらいだったらちゃんと視聴者が納得できる(理解出来る)内容になってたような気がします。

また、高校時代のユイが姉に対して何かコンプレックスを感じているように回想シーンを観て感じたのですが、(例えば、姉と一緒に東京へ行くことへ拒むなど)、その辺りも説明が欲しかったなあと思いました。

★ スミゴルフ さん

ですね。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。