« 霧の中のC-1 | TOPページへ | 地球深部探査船「ちきゅう」 »

2009年12月15日

● 坂の上の雲 第3回


ドラマ「坂の上の雲」の第3回を見た。




坂の上の雲坂の上の雲


いよいよ、日清戦争直前まで話は進んだわけだが…




坂の上の雲

「大杉漣」


さすが、国営放送だけあって 良い役者を惜しみなく起用する。


とりわけ、今回は


坂の上の雲

「國村隼」の軍服姿にシビレた。




さて…


個人的などうでもいい話で恐縮だが、先頃 終戦60年という事でずいぶんと戦争物の映画やドラマが制作されたが その悉くがクソ。^^;


男優だけの硬派な戦争映画が(ドラマでも可)私は見たくて仕方が無い。


本来、私が男優に惹かれる場合の条件には「軍服姿が似合う」というのが 実はある。
(例外でカテゴリーを設けた役者も数人いるが^^;)


この「坂の上の雲」で登場を秘かにワクワクしながら待っているのは「石坂浩二」なのだが、まぁ、それはともかく…


最近の傾向として 将官クラスの役に、バカのひとつ覚えの如く石原プロの役者をキャスティングするケースが多いのだが、もうね いいかげん飽きた。


「國村準」や「小日向文世」や「三浦友和」あたりが将官で「堤真一」、「堺雅人」、「寺島進」達が佐官クラスを演じるドラマが見たいなぁ…と。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『坂の上の雲』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。