« 大げさに言えば ブタネコの映画感とブログ感 | TOPページへ | 「踊る大捜査線 MOVIE3」が制作されるんだってさ »

2009年12月17日

● ハリーポッターと謎のプリンス


洋画「ハリーポッターと謎のプリンス」を見た。




ハリーポッターと謎のプリンス


ハリーポッターのシリーズを日本に紹介した功績は大いに称えられるべきだとは思うけど、なんだかんだ言いながら、住民票をスイスに移したからという理由で 日本に税金を納めようとしなかった翻訳者であり、出版社の社長である人物に私は不快感を抱いている。


結果的に幸いだった事は、「ついでに英語の勉強になるから原書を読め」と娘達には米語版を強制した事。^^


が、そんな事はどうでもいい。


私が このシリーズの映画版を見続けているのは 内容がどうこうよりも


ハリーポッターと謎のプリンス

ハーマイオニー役のエマ・ワトソンが可愛いからだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『洋画』関連の記事

コメント

ハーマイオニーは一作目に限りますよ。
ツンツンした勝ち気なハーマイオニーは一作目に限ります。
一作目のラストでニコニコ笑う彼女は断然輝いていましたっけ。
エマ・ワトソンは思った以上に劣化せずに成長しているようですが、
それは今のお化粧技術のたまものではないかしらと思います。
とはいえ全DVDを嫁が購入して見ていますが、私はアズバガンあたりで萎えました。

★ 支店長 さん

たしかに、2作目か3作目のエマは額の皺がちょっと気になる子でしたね。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。