« 東の日の出と西の月の入り | TOPページへ | C-37 in 千歳♪ »

2009年12月05日

● いのちの島


何故か録画してあったSPドラマ「いのちの島」を見た。




いのちの島


いのちの島

「尾美としのり」


いのちの島

「今井雅之」


この手のドラマによく見受けがちな傾向として「制作者側の自己満足」があると思う。


「~な姿が人として美しい」


そう描く事で「あぁ、良いドラマだ」と。


見た側が「あぁ、良いドラマだ」と感じる事が いち視聴者である私の期待する事であって、制作者の自己満足が必ずしも 見る側に「あぁ、良いドラマだ」と感じさせない事の方が多い事を もっと制作者側は真剣に考えるべきだと思う。


部分的には「あぁ、良いなぁ」と思う部分はある けれども、現実を拡大解釈したり結果オーライ的な構成が粗となって馴染めない。


つまりはそのバランスなんだと思うんだけどね。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『尾美としのり』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。