« 428 ネタバレ感想。^^ | TOPページへ | 戸田恵梨香 in 食わず嫌い2♪ »

2009年11月05日

● 探偵Xからの挑戦状 season2 第3話問題編


今回は「第3話殺人トーナメント」の問題編だそうだが…^^;




いつもなら、谷村美月ヒャッホイとして「感想は特に無い」で終わるところだが…


ちょいと気が向いたので 今回は真面目に語ろうと思うのだが…




【注意!!】この記事はネタバレが満載です。




探偵Xからの挑戦状探偵Xからの挑戦状

探偵Xからの挑戦状探偵Xからの挑戦状

探偵Xからの挑戦状探偵Xからの挑戦状

探偵Xからの挑戦状探偵Xからの挑戦状

探偵Xからの挑戦状探偵Xからの挑戦状

探偵Xからの挑戦状探偵Xからの挑戦状

探偵Xからの挑戦状探偵Xからの挑戦状




【注意!!】この記事はネタバレが満載です。




先に断っておくと 私は携帯小説とか、携帯を利用して視聴者参加…とかいうのが大嫌いなので 以下に述べる事の情報は 全てTVの問題編からのみ得たモノだけであり、もし 携帯情報に余分な情報や違った情報があった場合は それが故に推論が崩壊する可能性がある事を御承知おき願いたい。^^;


で、結論から言えば 殺人トーナメントのチャンピオンは新海亜季である。


その理由は「名前が亜季だから!!」と言えば(字が微妙に違うけど^^;) このブログを古くから見ている方は苦笑いされる事だろう。


なので、ちゃんとした理由を言おう… 


というわけで、それはトーナメント参加者8名のうち


探偵Xからの挑戦状


新海亜季を演じている「安藤サクラ」だけが 私が認知できた役者だったから…


まるで、土曜ワイドなど2時間ドラマにおける安っぽい制作キャスティングと全く同じで^^;


なにを考えているんだかね。


とはいえ、もっとちゃんとした推察を述べて御理解いただこうと思う。


--< 以下、推察本文 >--


*3,4,5,6,期生はそれぞれ2名ずつ
*女子同士の対決は無かった
*千葉校の代表は男子
*村越光昭は門脇敦子の先輩
*チャンピオンは大阪代表の先輩
*大阪代表は男子
*3人の女子のうち二人は同期
*女子のうち新海亜季がトーナメントを一番勝ち進んだ
*チャンピオンは服部秀治の後輩
*門脇は愛知県代表の女子の先輩
*一回戦埼玉代表と対戦した男子は、山崎哲郎の後輩で、千葉代表の先輩
*柴田勇と神奈川代表は、同じラウンドでそれぞれ女子の代表に負けた


色々と断片的な情報はあるが… 私がまず注目する点は8名によるトーナメント戦であるということ


         ┌──
       ┌─┤
       │ └──
     ┌─┤
     │ │ ┌──
     │ └─┤
     │   └──
   ──┤
     │   ┌──
     │ ┌─┤
     │ │ └──
     └─┤
       │ ┌──
       └─┤
         └──


一回戦から決勝まで勝ち抜くには3試合戦う事が必要なんだよね?


で、次に注目したのは「女子同士の対決は無かった」という事。


つまり、


         ┌──A(女)
       ┌─┤
       │ └──B(男)
     ┌─┤
     │ │ ┌──C(女)
     │ └─┤
     │   └──D(男)
   ──┤
     │   ┌──E(女)
     │ ┌─┤
     │ │ └──F(男)
     └─┤
       │ ┌──G(男)
       └─┤
         └──H(男)


男5人に女3人を 一回戦で女同士が戦わない様に配置すると上の通りとなり、「柴田勇と神奈川代表は、同じラウンドでそれぞれ女子の代表に負けた」という事は 少なくとも女が二人、一回戦を勝ち、女同士が戦う事無く、「女子のうち新海亜季がトーナメントを一番勝ち進んだ 」という事が成立する為には


                 ┌──A(女)
           ┌─A(女)┤
           │     └──B(男)
     ┌A(女)─┤
     │     │     ┌──C(女)
     │     └─D(男)┤
     │           └──D(男)
   ──┤
     │           ┌──E(女)
     │     ┌─E(女)┤
     │     │     └──F(男)
     └G(男)─┤
           │     ┌──G(男)
           └─G(男)┤
                 └──H(男)


上の図の様な結果にならなければ辻褄が合わない。


となると、


                  ┌──A(女) @@代表 新海
           ┌─A(女)┤
           │      └──B(男)
     ┌A(女)─┤
     │     │      ┌──C(女)
     │     └─D(男)┤
     │            └──D(男)
   ──┤ 
     │            ┌──E(女)
     │      ┌─E(女)┤
     │      │     └──F(男)
     └G(男)─┤
            │     ┌──G(男)
            └─G(男)┤
                   └──H(男)


という風に 新海亜季がAだと仮定して決勝までは勝ち進んだ事が判る。(決勝の勝敗は この時点ではまだ不明)




次に…、誰が何期生か?という部分に視点を変えて考察してみると…


まず、「 チャンピオンは服部秀治の後輩」で「チャンピオンは大阪代表の先輩」だとすると、服部は5・6期ではありえず、チャンピオンが3期でも6期でもありえない事は推察でき…


         3 4 5 6

♂柴田勇   - - - -
♂芳賀弘   - - - -
♂服部秀治  - - × ×
♂村越光昭  - - - -
♂山崎哲郎  - - - -

♀飯塚真理  - - - -
♀門脇敦子  - - - -
♀新海亜季  - - - -

チャンピオン  × - - ×


  『 服部 > チャンピオン > 大阪代表(男) 』という図式①が成立する。


次に「 一回戦埼玉代表と対戦した男子は、山崎哲郎の後輩で、千葉代表の先輩」だとすると…


         3 4 5 6

♂柴田勇   - - - -
♂芳賀弘   - - - -
♂服部秀治  - - × ×
♂村越光昭  - - - -
♂山崎哲郎  - - × ×

♀飯塚真理  - - - -
♀門脇敦子  - - - -
♀新海亜季  - - - -

チャンピオン  × - - ×


山崎の下に「一回戦埼玉代表と対戦した男子」がおり、さらにその下に千葉代表がいるわけだから、山崎は少なくとも5・6期では無い。


  『 山崎 > 一回戦埼玉代表と対戦した男子 > 千葉代表(男) 』という図式②が成立する。


次に「門脇は愛知の女子の先輩」で「村越光昭は門脇敦子の先輩」だとすると…


         3 4 5 6

♂柴田勇   - - - -
♂芳賀弘   - - - -
♂服部秀治  - - × ×
♂村越光昭  - - × ×
♂山崎哲郎  - - × ×

♀飯塚真理  - - - -
♀門脇敦子  × - - ×
♀新海亜季  - - - -

チャンピオン  × - - ×


門脇が3期、もしくは6期である可能性はありえず、村越は5・6期では無い。


『 村越 > 門脇 > 愛知代表(女) 』という図式③が成立する。

さて、ここでちょっと推測を発展する。


図式③『 村越 > 門脇 > 愛知代表(女) 』から 少なくとも飯塚か新海のどちらかは5期か6期である事が判り、「3人の女子のうち二人は同期 」という情報が成立するのであれば「3期の女子がいない」という事になる。


         3 4 5 6

♂柴田勇   - - - -
♂芳賀弘   - - - -
♂服部秀治  - - × ×
♂村越光昭  - - × ×
♂山崎哲郎  - - × ×

♀飯塚真理  × - - -
♀門脇敦子  × - - ×
♀新海亜季  × - - -

チャンピオン  × - - ×


それと…


図式②『 山崎 > 一回戦埼玉代表と対戦した男子 > 千葉代表(男) 』より、千葉代表の男は 5期もしくは6期であり…


図式①『 服部 > チャンピオン > 大阪代表(男) 』から 大阪代表の男も同様に5期か6期であると推察できる。


で、上図を参照すると 5期もしくは6期と思われる男とは柴田と芳賀だけであり、いずれかが大阪と千葉の代表だということになる。


         3 4 5 6

♂柴田勇   × × △ △
♂芳賀弘   × × △ △
♂服部秀治  - - × ×
♂村越光昭  - - × ×
♂山崎哲郎  - - × ×

♀飯塚真理  × - - -
♀門脇敦子  × - - ×
♀新海亜季  × - - -

チャンピオン  × - - ×




さてさて…


また、ちょっと視点を変えて 今度はそれぞれの勝敗について とりあえず、考えてみる


・「女子のうち新海亜季がトーナメントを一番勝ち進んだ」 ×門脇 ×飯塚

・「チャンピオンは服部秀治の後輩」 ×服部

・「柴田勇と神奈川代表は、同じラウンドでそれぞれ女子の代表に負けた」 ×柴田


という風に 判っている情報から簡単に、門脇、飯塚、服部、柴田の敗退が判り、決勝に進出する可能性を残しているのは


 ・芳賀弘

 ・村越光昭

 ・山崎哲郎

 ・新海


の4人で、この中で新海だけは決勝まで進んだ事が判明している。。


         3 4 5 6  勝敗

♂柴田勇   × × △ △   ×
♂芳賀弘   × × △ △   -
♂服部秀治  - - × ×   ×
♂村越光昭  - - × ×   -
♂山崎哲郎  - - × ×   -

♀飯塚真理  × - - -   ×
♀門脇敦子  × - - ×   ×
♀新海亜季  × - - -   △

チャンピオン  × - - ×


さて、ここで よ~く上の表を見ながら「3,4,5,6,期生はそれぞれ2名ずつ」という情報を考えてみよう。


というのは、3・4期に成り得る男子は 服部、村越、山崎の3人だけ 4期であれば女子の3人にも可能性はあるが、それには3人のうち「門脇は愛知県代表の女子の先輩」という情報を考えて 少なくとも門脇より後輩の女の子が最低1人いる事が判り、仮に門脇だけが4期と考えれば 男子と合わせて3・4期4名の枠が 先述した3名の男子と釣り合いが取れるし、再度「村越光昭は門脇敦子の先輩」を思い起こすと村越の3期が確定する。


         3 4 5 6  勝敗

♂柴田勇   × × △ △   ×
♂芳賀弘   × × △ △   -
♂服部秀治  □ □ × ×   ×
♂村越光昭  ○ × × ×   -
♂山崎哲郎  □ □ × ×   -

♀飯塚真理  × × ▲ ▲   ×
♀門脇敦子  × ○ × ×   ×
♀新海亜季  × × ▲ ▲   ☆

チャンピオン  × - - ×


となるわけだが… 上の表で飯塚と新海に▲、柴田と芳賀に△がついているのは「3人の女子のうち二人は同期」という条件があるからで飯塚と新海は同期である事から、仮に飯塚と新海が5期だとすれば 柴田と芳賀は自動的に6期となるわけだ。


で、ここで検討すべきなのは


まず、図式②『 山崎 > 一回戦埼玉代表と対戦した男子 > 千葉代表(男) 』


これを成立させる為には 山崎が3期でなければならず、今までの推察でチャンピオンは4期か5期である事から山崎はチャンピオンではないし、既に3期である事が確定している村越もチャンピオンではない。


それに、「一回戦埼玉代表と対戦した男子は、山崎哲郎の後輩で、千葉代表の先輩」という情報から 山崎の後輩で千葉代表の先輩に成り得る人物は「服部」しかおらず、必然的に


図式④『服部は一回戦埼玉代表と対戦した男子』が成立する。


         3 4 5 6  勝敗

♂柴田勇   × × △ △   ×
♂芳賀弘   × × △ △   -
♂服部秀治  × ○ × ×   ×
♂村越光昭  ○ × × ×   -
♂山崎哲郎  ○ × × ×   -

♀飯塚真理  × × ▲ ▲   ×
♀門脇敦子  × ○ × ×   ×
♀新海亜季  × × ▲ ▲   ☆

チャンピオン × - - ×


さて、村越と山崎の3期が確定し チャンピオンでは無い事が判った以上、村越と山崎の勝敗は×となり、


         3 4 5 6  勝敗

♂柴田勇   × × △ △   ×
♂芳賀弘   × × △ △   ☆
♂服部秀治  × ○ × ×   ×
♂村越光昭  ○ × × ×   ×
♂山崎哲郎  ○ × × ×   ×

♀飯塚真理  × × ▲ ▲   ×
♀門脇敦子  × ○ × ×   ×
♀新海亜季  × × ▲ ▲   ☆

チャンピオン × - - ×


新海と決勝で争った相手が「芳賀」だった事が類推できる。




さて…


問題は「芳賀vs新海」の勝者(チャンピオン)は どっちか? という点だが…


「チャンピオンは大阪代表の先輩」という情報と「大阪代表は男子」という情報の兼ね合わせ それに「大阪代表は5期か6期」である事と「柴田と芳賀のどちらかが大阪代表」という事、さらには「女二人が同期」という事は「柴田と芳賀も同期」にならざるを得ない事を考えると…


         3 4 5 6  勝敗

♂柴田勇   × × × ○   ×
♂芳賀弘   × × × ○   ☆
♂服部秀治  × ○ × ×   ×
♂村越光昭  ○ × × ×   ×
♂山崎哲郎  ○ × × ×   ×

♀飯塚真理  × × ○ ×   ×
♀門脇敦子  × ○ × ×   ×
♀新海亜季  × × ○ ×   ☆

チャンピオン × - - ×


という表が完成し、チャンピオンが新海だった事が判る。


--< 以上、本文終わり >--


もし、この推察が間違えていた場合は 笑って誤魔化すつもりです。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『メモ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。