« 検事・朝日奈耀子8 | TOPページへ | WILL »

2009年11月01日

● 空飛ぶタイヤ


WOWOWで2009年3~4月に放送されたドラマ「空飛ぶタイヤ」のDVDを入手したので観た。




空飛ぶタイヤ


このドラマが放送される直前に見た番宣で 主役がトオルちゃんと知り、「お痛ッ!」と思っていた。


トーク番組での彼の仕草や話から個としては嫌いではないのだが、役者としての彼は ファンの方には申し訳ないがワンパターン役者と感じており好きではない。


なので、ドラマの出来に対しても期待は全くしていなかったのだが…


DVDで一気見した今の私の感想は トオルちゃんはともかく、脇を固めていた役者達が絶妙で 今年見たドラマの中では屈指の傑作だと感じている。


本当はドラマオンエアー時に記事を掲示したかったのだが、途中 録画に失敗した回があったのが最大の理由ではあるが、このドラマは どうしてもちゃんと触れたい部分があるのでDVDで再見するまで半端な状態で記事を掲示するのは止めようと思っていたので今に至る。




主な出演は…


空飛ぶタイヤ

「大杉漣」


空飛ぶタイヤ

「國村隼」


空飛ぶタイヤ

「柄本佑」


空飛ぶタイヤ

「水野美紀」


空飛ぶタイヤ

「大塚ちひろ」


…等の他に


空飛ぶタイヤ

今までに彼女が演じた役柄には見られなかった「ミムラ」と


空飛ぶタイヤ

「眠れる森」以来、「佳いなぁ…」と感じさせられた「本上まなみ」が秀逸。


けどね、何よりも最も秀逸だったのは


空飛ぶタイヤ

「尾野真千子」だ。


空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ


映画版「クライマーズハイ」で「お?」と思った人も多いらしいが この「空飛ぶタイヤ」の


空飛ぶタイヤ

「尾野真千子」は筆舌に尽くせない程絶品だ。^^


内容的には いくつか小言を言いたい点はあるし、首を傾げた点もあるが それなりにニュースを見ている人ならば ベースとなった事件には心当たりがあるだろうし、貸し剥がしを行おうとしていた小賢しい支店長の台詞回しなどは 仕事柄、何人も見かけた現実に近く その表現の仕方に関しては演出を評価したいと思ったので、つべこべ言うのは止めておきたいと思った。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『尾野真千子』関連の記事

コメント

連ドラでは今年このドラマのクォリティーを越えるものは
未だ見ていないのが現状です。
尾野さんは後半の解明のキーウーマンで大変重要な役どころでした。
他にもドラマW常連の相島さん袴田さん甲本さんあたりも適役です。
トオルさんも熱演してますし。
最後のご都合主義的な終わり方はともかくそれを差し引いても
珠玉の一品は間違いなしだと思います。
PS
國村さんの「行列48時間」は一見の価値ありです。出来が素晴らしい。

★ やじ さん

以前にも、このドラマの事でコメントを頂戴してましたね。^^

DVDで ようやく私も一気見できました。

>行列48時間

これもDVDが出たら…って事になりそうです。^^;


尾野真千子が「内容が良いドラマで絶品」というので早速取り寄せ、一気観しました。

「私の見る目がなかったと、あきらめます」という台詞の時の表情が一番印象に残りました。

まあ、しかしホント観る作品によって変わる女優さんですよねぇ。

来週から始まる「外事警察」の記事も楽しみにしております。


他にも「スマイル」とは違い目玉となる旬な俳優さんはいないのに一気観せずにはいられなかったのは
ブタネコさんの仰るとおり、豊富な脇役陣の秀逸な演技が良かったと思います。萩原聖人はちょっと、その役柄も含めて、?でしたが・・


ただ、「空飛ぶタイヤ」ってタイトルはどうなんでしょう?私の家族がもし実際にそういう事故にあったらという事を想像すると他にタイトルは無かったのかな?と。

★ うごるあ さん

>タイトル

たしかに その点に関しては「なんだかなぁ」感は否めないですね。^^

>萩原聖人

役柄というより 役そのものが無くてもストーリーが成立してましたね。^^;


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。