« 岸谷五朗 in EXH♪ | TOPページへ | ハクチョウ »

2009年10月19日

● サンダーバーズが千歳に来た♪(その6)


15日に千歳基地で行われたサンダーバーズの本番を撮した写真の後半です。^^




    ・この記事の画像をクリックすると大きな画像で見る事が出来ます。




飛来、予行、本番と3日間千歳に通い詰めた。


まぁ、真っ当に会社勤めをしていたり 学生には無理な話だから、通い続ける事が出来る私みたいな輩を妬ましくなるのも判らなくは無い。


しかしながら、この日の為に 他の事を我慢し続け、その結果 3日間をエンジョイする… そういう考え方、生き方というのもあるという事は 現地でその人達を見ないとどんなに説明しても判って貰えないだろう。


例えば、東京の三社祭 御輿を担ぐ事が毎年一年の中で最大行事…って人が沢山いる。


4年に一度のオリンピックを見に行くのが生き甲斐の人もいる。


おしなべれば それらの人達に共通している考え方、生き方と似た様なモノ


まぁ、その辺については あらためて別記事で述べようと思うが…




---< 以下は15日の本番に撮影した写真の一部です。^^ >----




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『サンダーバーズ』関連の記事

コメント

ブタネコさん いつも迫力ある映像を公開してもらって感謝してます。
 昔の話で恐縮ですが、昔フェンス越しにレンタカーとおぼしき高所作業車が現れ、荷台を上げて、
白玉(今で言うところの800~1400mm相当レンズ)でハンガー及び、滑走路周辺を撮影していた猛者が
いました。即、警備が向かい青年的指導をしたそうですが(結局、民間機を撮っていて、たまたま見ちゃった的な話で終わったそうです。)○芝○M○だったかな…。
余談でした。
 ところで、ぶたねこさんに紹介したい本があります。新刊本でも文庫本でもありますが、
百田 尚樹著 永遠のゼロです。 もう読みましたか?
文庫本で575ページ、持つのも重いが、内容もたっぷり重いです。
ゼロとはゼロ戦のゼロです。
あとは、読んだ人の…ですね。
拙も病室のベットで目を真っ赤にして、看護師に不思議がられました。
じじいだって感傷的になるのさ

★ 雪風 さん

>猛者

たまに、そういう人いますよね。^^

気持ちは判らなくもないのだけど そういう人を見ると「なんだかなぁ」という気になりますね

>本

未見なので 早速、取り寄せて読んでみたいと思います。^^

ブタネコさんへ
マスターズのゴルフ中継の合間に読もうと思って仕入れた本’永遠の0’を読んで、これは絶対ブタネコさんの琴線に触れると思い紹介しようとしたら、雪風さんが紹介しておられましたね。

★ タンク さん

あ、その本 間違い無く買ったんです。

でも、読まずに まだ自宅の書斎の机の上に積まれたままです。^^;

早速、読みます。 > 雪風さん ゴメンナサイ。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。