« サンダーバーズが千歳に来た♪(その2) | TOPページへ | 相棒 season8 第1話 »

2009年10月16日

● サンダーバーズが千歳に来た♪(その3)


14日に千歳基地で行われたサンダーバーズの予行を撮した写真の後半です。^^




    ・この記事の画像をクリックすると大きな画像で見る事が出来ます。




飛来と予行と本番、計3日間千歳に通い、いろんなマニア達と話をしたが…


そんな、話をしている間に 時々感じたのだが、


『どうして「サンダーバーズ」と「ブルーインパルス」を比較して話す人が多いのだろう?』


と。


あ、誤解の無い様に補足しておくと…


私が気になったのは 単なる比較の程度では無い。


実際に、「サンダーバーズ」を撮していて感じたのは「速い」「低い」「音がデカイ」であり、それらは「ブルーインパルス」との比較から感じた感想でもある。


この3つの大きな違いのうち、「速い」と「音がデカイ」という二つは 使用している「T-4」と「F-16」という機体の性能や特性の違いであり、パイロットの腕の差とかでは無いと私は思っている。


そして「低い」という要素に関しては 日本とアメリカの考え方や受け止め方の違いによるものと私は思っている。


ところが、いろんな人と話していると 比較による差が、そのまま批判にもなっている


「やっぱ、ブルーインパルスはショボい」


という風に。


で、そんな結論めいた事を聞かされると 私はとても違和感を覚えるんだな。


「何故、自衛隊はT-4を使用しているのか?」


「何故、ブルーインパルスは サンダーバーズみたいに低空を飛ばないのか?」


「何故、日本人って 背景や経緯をロクに知ろうともせず、目先の事ばかりに終始して

 考察や検討をせずに 比較・批判をするのか?」


…という風に。


思うに、自衛隊がT-4を使用しているのは いろんな理由がある中で 安全性という部分と、T-4が国産機である…なんてのも 大きな理由なんじゃないか?と 私は愚考する。


近年、ブルーインパルスの使用機をF-2に…という議論があったそうだが その時に反対意見の中で最も大きかったのが「一機あたりの値段」だそうだ。


まぁ、私の様なマニアは「速くて派手(音がデカイ)」の方が見栄えを感じる。


エア・ショーが好きなアメリカ人の国民性から言えば 第一線の戦闘機を用いるのがベストチョイスと理解もされるのであろうけど この日本という国は


「F-2に機種変換したらどう?」


という意見に対して


「一機当たり ナンボだと思ってんだ?」


と、反論と言うよりも罵声の方が強い国なんだ…という事。


つまり、「ブルーインパルスはショボい」なんて言う批判は ブルーインパルスに対して言うべき批判ではなく、日本という国のショボさを批判すべき言葉なんじゃないの? …って私は思うのだが 如何であろう?


それとね「(高度)が低い」という件に関しては 「安全性」をどのように重視しているか?という部分と「チャレンジ精神」に対する受け止め方を考慮してみると良い。


より低く、より速く…飛ぶ事は、それだけ危険度が増す…という事。


米軍が そんな危険度、安全性を全く無視している…なんて 私は言う気が無い。


要は安全か危険か 許されるか否かの境界線が「サンダバーズ」と「ブルーインパルス」には隔たりがあるわけで その隔たりの差は「チャレンジ精神」に対する日本とアメリカの許容範囲の差みたいなもんじゃないか? …なんて思うのだ。


だから私は「ブルーインパルスはショボい」なんて口にする気は全く無い。


むしろ、今までよりも何倍に「必要以上の制限や偏見の中で よく頑張ってるぞブルー!」と声援をおくりたいと思っている。^^




画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『サンダーバーズ』関連の記事

コメント

ぶたねこ様
おひさしぶりです。サンダーバーズは凄かったですね。会場に等間隔で並んでいたJBLのスピーカーを見たときにどこの国のどんな場所で演技してもお客様にお見せするショーの内容は音楽を含めて変えない というアメリカのショービジネスの精神の一端を垣間見たような気がしました。
それぞれの演技もさることながらその連続性の高い構成は日本の花火大会の打ち上げ花火とディズニーランドの夜空を彩る花火の違いのような文化の違いも感じて、興味深かったです。

ブタネコさんの仰ること、尤もだと思います。

こうした米軍機の迫力ある演技を目にすると、どうしても自衛隊がショボく見えて、「日本人は所詮この程度か」なんていうこと言う人も一部にはいますね。

サンダーバーズのすごさは認めますが、我等がブルーインパルスだって捨てたもんじゃないです。
世界で注目されるオリジナル演技だってあるんですから。

・・・それにしてもサンダーバーズは機の距離が近いですねー。
この速さでこの距離なら、そりゃ迫力ありますわ・・・。

最後の写真、ベイパー+アフターバーナーでカッコいいですねぇー!

★ 惑 さん

ども、お久しぶりです。

エプロンに駐機していた機体の並びに サンダバーズカラーに塗装されたタイヤ付きコンテナが何なのか最初は判らなかったんですが、本番当日に それが音響機材だとようやく判り、成る程なぁ…と感心してました。


★ yah さん

まだまだ、写真はこれからです。^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。