« 丘珠駐屯地祭2009(その6) | TOPページへ | ローソク出せよ »

2009年10月02日

● ジェネラル・ルージュの凱旋 DVD再見


映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」のDVDを入手したので見た。




ジェネラル・ルージュの凱旋


映画館で見た時の初見感想は「映画版「ジェネラル・ルージュの凱旋」』という記事を御参照願いたい。


その中で述べた様に 原作に無い殺人事件を盛り込んだ制作者の意図をDVDを見ながらあらためて汲み取ってみたいと試みたけど、やっぱり無理だった。


で、映画館で見て その後、ブログの先述した記事を記して その後、原作を再び読んだのだが…


私には この「ジェネラル・ルージュの凱旋」という作品の原作のキモは高嶋政伸が演じた沼田准教授と堺雅人が演じた速水の対決部分にあると感じている。


おそらくは成績優秀で であるがゆえに医学部の准教授に登りつめたのであろう沼田という人物は そういった人物にありがちな理詰めに徹するが故に情とか応用への配慮が無く、時に組織を膠着させたり、周囲の行動を妨げていることに気づけないアホ


それを速水という人物が足下をすくい、その援護的間接攻撃を田口と白鳥が行う図式に原作では爽快感すら覚えるのだ。


しかしながら、映画では 足下をすくう部分を余計な殺人事件を盛り込んだり、意味のない犯人を盛り込む事で台無しにしており、ラストの大事故に対する救命の奮戦ぶりも クソドラマにありがちな大団円みたいにしてしまっているし、ドクターヘリに関する件も 何故、速水はドクターヘリに拘ったのか? ドクターヘリがあるとどういうメリットがあるのか? たしかにドクターヘリの維持には費用が掛かるが、その費用と存在価値をどう考えるのか? そういった部分に関する原作の問いかけに対し こんな映像化で


「世間に一石を投じました」


なんて制作者達が考えているのだとしたら 私は猛省を促したい。


ただ、この映画を私がクソ呼ばわりしないのはひとえに


ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋

堺雅人の演技が秀逸だったから。


他の主な出演者は


ジェネラル・ルージュの凱旋

「尾美としのり」


ジェネラル・ルージュの凱旋

「竹内結子」


ジェネラル・ルージュの凱旋

「國村隼」


ジェネラル・ルージュの凱旋

「貫地谷しほり」


ジェネラル・ルージュの凱旋

「玉山鉄二」


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『海堂尊』関連の記事

コメント

御意!私も殺人とソフトボールの話は筋の上でも時間的にもいらないと思いました。

この作品は10年前(原作では15年前)に速水が成功していてジェネラルと呼ばれていることと、速水と田口の信頼関係がなかったら始まらない話なのに、その両方がないのだから、この映画だけ見た人にはわからないと思いました。

個人的には、速水の「同じ地平に立つ(佐藤)、立たない)沼田)」の話や、黒崎教授の思いと言った好きな場面がほとんどなくって悲しかったです。

作る側から行けば、シリーズものとして主人公2人(!)を押し通すさなければいけなかったのと、原作の会議ばかりでは絵にならないからでしょうけど、でもできたものがあれでは、、、

私的には、堺さんキャッホイなので、原作からいろいろ想像して。強い速水を期待していたので、ちょっとやわな感じはしましたが、見せるところでは魅せる演技をみられてうれしかったです。

ついでに、DVDのメイキングではこの間事故で落ちた岐阜県の防災ヘリが映っていました。合掌でございます。

★ いかづち さん

>シリーズものとして主人公2人(!)を押し通すさなければいけなかったのと

そう、そこなんですよね

何故、田口=竹内 白鳥=阿部 というキャスティングなのか?とさえ、いきつきますよね

個人的意見を申し上げれば 原作上の白鳥は どちらかというと小太りのオタク系と描かれていますが、白鳥=阿部というキャスティングは まだ百歩譲れるんですが、田口=竹内というのが いろんな打算の産物の様に感じられてなりません。

私は竹内結子は嫌いじゃないんですけども 好きだからと言って、このようなキャスティングを鷹揚に受け止められる程、盲目的な思考は持っていないので 第一作のバチスタの時からずっと気に入らずにおります。

私も、ソフトと殺人事件はまったくの蛇足だとおもう。
 映画も、2作目なりの気の使い方で・・主役の二人を立てるつもりだったそうですが・・今回の白鳥は場面の途中で出てくる訳で、場面のいいところを掻っ攫う使い方のほうが良かった気がする。 その点ドラマの方が白鳥の使い方が上手い! 今回の白鳥は完全に脇扱い。速水を立てる為にだけにいる感じがしました。
 後、黒崎教授の会議のシーン。かかれてましたが、散々速水に釘をさし、貶めてきても、本心では速水をちゃんと認めている所。 田沼=黒崎のつもりで採決を委ねたのに・・・のシーンがなかったのが一番残念でした。 
 いかづちさんの書かれた 『同じ地平線にいる佐藤と立たない沼田の対比がいい』を読んであの文面はそういう意味だったんだ!って改めて感動しました。 なんかまた読みたくなってきた~~♪

★ 花梨 さん

>主役の二人を立てるつもりだったそうですが

映画版独自の田口設定に 立てる価値のあるキャラ設定なのか?と問い詰めたいですね。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。