« 岸谷五朗 & 上野樹里 in 未来創造堂♪ | TOPページへ | つばさ 最終週 »

2009年09月26日

● 怨み屋本舗REBOOT 最終話


ドラマ「怨み屋本舗REBOOT」の最終話を見た。^^




怨み屋本舗REBOOT怨み屋本舗REBOOT


怨み屋本舗REBOOT怨み屋本舗REBOOT

怨み屋本舗REBOOT怨み屋本舗REBOOT


怨み屋本舗REBOOT怨み屋本舗REBOOT

怨み屋本舗REBOOT怨み屋本舗REBOOT


他の記事を読んだ方から「怨み屋の木下あゆ美こそワンパターン演技の典型じゃないのか?」と 日頃、ワンパターン演技や演出にブツブツ私が言っている件についての問い合わせを頂いた。


基本的に このブログの記事に関して寄せられる抗議の意を含む問い合わせの殆どは 何かのキーワードで検索した結果、たまたま読んだ一本の記事だけしか読まずに寄せるものが殆どで対応の必要性など欠片も感じないが、他の記事を幾つも読んだ上でのお問い合わせに関しては 私は真摯にお応えしたいと思っており、ゆえにお応えすると…


このドラマにおける「木下あゆ美」は「怨み屋」という特殊な設定の女、つまりキャラを演じているわけで 逆にワンパターンじゃないと全体の整合性を得られないでしょ?


毎回、違うキャラの怨み屋では 不気味さなんか消し飛んで、ただの出来損ないのコメディだもんね。^^


ただ、私は木下あゆ美が演ずる「怨み屋」というキャラを見る事なんか、実は木下あゆ美の声が(話し声が)聴きたくて この番組を見続けていると言って過言では無い。


顔の形や 目や鼻の配置によって美人とかカワイイとか言われる女性は多いけど、最近じゃプチ整形だの化粧技術の発達などで そういったものだけを判断基準にするのは滑稽でもある。


が、「声」は天性のもの まさに素質と言っても良い。


それに、魅力的な「話し方」が加味されると鬼に金棒とさえ言える。


同じ事を私は「木村多江」や「新垣結衣」 それに「綾瀬はるか」などにも感じており、であるがゆえに他の役者に比べて認知度が若干乏しいと思われる「木下あゆ美」の魅力を広めたくて記事にし続けるのだ。^^




さて…


怨み屋本舗REBOOT


報道記者役で今回のシリーズに出演していた「長谷部瞳」


ラストシーンの台詞の言い回しと表情は秀逸だった。


で、数回前から注目していたんだけど それと同時に「前に何かのドラマで見た様な…」という気がしてならず、調べてみた。


で、その結果 彼女の出演作の中で 私が見た中で作品として記憶に残っているのは「鉄板少女アカネ」「マスター・オブ・サンダー」だが それらに彼女の記憶は無い。


が、出演リストの中に「あ?」と思ったものが一本だけあった。


それは「バトル・ロワイアルII 鎮魂歌」


なので、近々再見してみようと思っている。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『怨み屋本舗』関連の記事

コメント

目出度く、怨み屋は次回へ続くというかたちで終了しました。

次は10/31に土ワイらしいです。
もっと出番を多くして欲しい北野留美役のようです。
今度こそビデオに撮るぞーっ

今クール完走は
コールセンター、メイド刑事、華麗なるスパイ、乙男(秋編へ続く)
に続き5本目ですw
なんだかこっちのほうが必殺2009よりも
昔の必殺に近づいているような気がします。
また続編やらないかな?

★ 支店長 さん

へぇ、楽しみですね^^


★ やじ さん

ですね、私も続編期待です。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。