« 夏の終わりのF-15(4) | TOPページへ | 夏の終わりのF-15(5) »

2009年09月24日

● 天国で君に逢えたら


「JNN50周年記念 スペシャルドラマ」と銘打った「天国で君に逢えたら」を見た。




天国で君に逢えたら


先に申し上げておかなければならない事は 私はこのドラマの原作となった2冊の本を読んでいない。


原作者のドキュメンタリー番組を以前に見た事があり 凄ぇなぁと感動すると同時に、このドラマの原作となった本が発行された事も知り、即座に本を発注して2冊とも既に手許にあるのだが、私は その本をまだ読んでいない。


原作者に対して反感など抱いていないし、読んでいないのだから 本の内容に対して文句など無い。


入手した本の表紙を見ていたら なんか安易に読んじゃイケナイ様な気がして… 単にそういう理由で読んでいない。


だから、ドラマを見るべきか否かもちょっとだけ悩んだのだが このドラマの脚本が岡田恵和で演出が土井裕泰とくれば 最近の傾向として、視聴者を泣かせようとするあざとさばかりが鼻につく出来のものだろうと思い であるがゆえに安心して見る事が出来た。


(注:内容を褒めているわけでは無い むしろ、逆^^;)


天国で君に逢えたら天国で君に逢えたら

天国で君に逢えたら天国で君に逢えたら

天国で君に逢えたら天国で君に逢えたら

「井上真央」




天国で君に逢えたら天国で君に逢えたら

天国で君に逢えたら天国で君に逢えたら

「津田寛治」




天国で君に逢えたら天国で君に逢えたら

天国で君に逢えたら天国で君に逢えたら

天国で君に逢えたら天国で君に逢えたら

「木村多江」




「井上真央」や「津田寛治」は良い味を出していたが、予想通りのあざとさ演出が鼻につき 少しばかり私は不機嫌だったのだが、終盤 「木村多江」が出てきたのを見て


「あぁ、俺 泣かされるかもしれない」


そう思った通り、結局「木村多江」に貰い泣きさせられた。(ToT)


ゆえに、このドラマを見て判った事は どんなにあざとい脚本や演出でも木村多江にかかったら泣かされてしまう… それが、木村多江の凄さだと。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『木村多江』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。