« 岸谷五朗 in 5LDK with 上野樹里♪ | TOPページへ | 札幌の今日の空(9月11日) »

2009年09月11日

● 小栗旬 in いいとも♪


「小栗旬」が「笑っていいとも」のテレフォンショッキングに出演しているのを見た。




テレフォンショッキングテレフォンショッキング

テレフォンショッキングテレフォンショッキング

テレフォンショッキングテレフォンショッキング

テレフォンショッキングテレフォンショッキング

テレフォンショッキングテレフォンショッキング

テレフォンショッキングテレフォンショッキング

テレフォンショッキング


先日、小栗旬が出演したトーク番組の記事を掲示した時に 私が「たいしたもんだなぁ…」と思ったと記した事に関して「どういう風に?」「なんて言ったの?」等々 非公開で問い合わせてきた人がちらほらいたが…


私が「たいしたもんだなぁ…」と思ったのは 例えば、小栗旬は映画やドラマにおける自身の出演した物の完成形をちゃんと見ており、どのシーンがカットされた…とか、~のシーンの表情が~だった、とか ちゃんと確認している点。


最近、「天国はまだ遠く」というDVDで加藤ローサも同じ様にコメンタリーの中で「~のシーンの自分は失敗だった」という発言をしているのを耳目にし「ほぅ」と同じ様に感じたのだが…


自分の演技がどうだったかを客観的に判断する… これって当たり前の事なんだと思うのだが、案外 これをちゃんとしていない役者は少なく無く、多少人気が出て忙しくなった事にかまけて自己研鑽を怠ると 気がつけばワンパターン役者になる。


自己研鑽を怠らないと言う事は 少なくともまだまだ伸びる可能性が感じられるし、当たり前の事を当たり前にやっている事を自然に話す姿に 同年代の他の俳優達の中にはそういった事が近年感じられなくなった者も少なく無いだけに「たいしたもんだなぁ」と思ったのだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『小栗旬』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。