« 丘珠駐屯地 徒然… | TOPページへ | 丘珠駐屯地 徒然…(2) »

2009年09月23日

● 救命病棟24時4 最終話


救命病棟24時4 最終話を見た。




救命病棟24時4


救命病棟24時4救命病棟24時4

「石田卓也」


救命病棟24時4救命病棟24時4

「北乃きい」


救命病棟24時4救命病棟24時4

「西原亜希」


救命病棟24時4救命病棟24時4

「木村多江」




最終回なので 感想を少しだけ述べようと思う。


こんな私も、殆ど名前ばかりであるが とある医療法人の理事を引き受けているので 救急の現実というか、病院側の裏側を知っている。


「救命病棟24時」というドラマのシリーズは これまでユニークな着眼点で、単なる医療モノのドラマとしてでは無く、病院内の問題点や苦労などにも巧く光を中ててきたと思う。


とかく、昨今の医療ドラマは「ゴッドハンド」なる凄腕の医者の卓抜した技量で難しい手術をこなし、患者が奇跡の様に助かる…ものばかり。


以前に、別の記事でも述べたが 病院に入院している患者や、在宅で治療に専念している患者、特に病室に軟禁されていたり、病状で身動きがままならず 殆どをベッドの上で過ごす者にとって なによりの楽しみ、というか それしか無いと言わざるを得ないのはTVを見る事であり、そんな患者にとって「ゴッドハンド」が奇跡を起こすドラマは 実は殆ど説得力が無い…というか 嫌味にしか感じない。


大事なのは 不正や悪人がいようとも、なんとか治療を施そうとする医師や看護師の姿勢や苦労を たかがドラマでも感じ取れれば、「自分も頑張ろう」とか良い方向に受け止める事が出来るのだが、工事現場や高速道路などで大事故が発生し 沢山の怪我人が担ぎ込まれ大混乱になりながらも それを乗り切って見せて「めでたしめでたし…」みたいな終わり方では


「やっぱ、現実とドラマじゃ違うんだ」


と、冷めてしまうだけ。


収録開始時の江口洋介の怪我により 当初の構成がままならなかったのだろうとは思うけど、今回のシリーズもユニークな着眼や切り口ではあるけれど どれも尻切れトンボな感が否めず、ガッカリだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『救命病棟24時』関連の記事

コメント

結局今回の救命もリアル視聴完全スルーで終了しました。
自分的にはPart2の松雪verの出来が段違いで
以降ほぼ見ていません。
BSのERに慣れてると粗がひどいですから。
基本的に主役の二人が(以下自粛

★ やじ さん

>Part2の松雪

ですね、Part2が一番面白かったと私も思います。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。