« 2009千歳基地航空祭(その1) | TOPページへ | 秒速5センチメートル 再見 »

2009年08月11日

● 雑感(8月11日)


ふと、このところの思ったままを述べてみる。




まず、「裁判員制度」


制度自体に文句があるわけでもなく、まだ 先日、初めての裁判が行われ 今日、2度目の裁判が始まった段階で どうこう言うのも早計だろう。


ただ、ひとつだけ 先日の最初の裁判が終わって以降 報道を見ていて感じたのだが…


初めての裁判員制度だから、裁判員に選ばれた人に感想を聞きたい…と言う気持ちは正直に言って私にもある。


しかしながら、裁判員には守秘義務があるし それは固く守られなければ行けない事。


同時に、裁判員制度が実施されるにあたって 裁判員が被告や被告の関係者から恨まれたりしては…と 散々に危惧を呈したのはマスコミや識者だったはず。


にも関わらず、ここ数日の報道を見ていると ちょっとその気になれば誰が裁判員だったかバレバレの報道なんだよね


問題視していたマスコミが 逆に今では垂れ流しの温床になっている事に誰も文句は無いのだろうか?




次に、「のりピー」


悲劇のヒロインから 一転して、とんでもない女…


そういう流れで報じたのは 落ち着いて考えてみればマスコミなんだよね。


先に断っておくと、私は「のりピー」のファンでもなんでも無い。


現に、このブログで彼女に触れた事は一度も無い。


今回の件で弁護や擁護する気など全く無いが、良くも悪くもメディアに誘導されるのは実に鼻持ちならないんだな。


だいたいね、朝から晩まで ワイドショーもニュースも同じ内容に ちょっとした新事実とやらで しかも、全局が同じ内容を繰り返さなくても良いんじゃないのか? 他に、報ずるべき事が 本当に無いのか? 大いに私は疑問を抱く。




さて…


この二つの報道に関して 共通している事がある。


例えば、裁判員制度の場合「誰が裁判員なのか?」って事は絶対に漏れてはいけない秘密なんじゃないのか? そして「のりピー」に関しては 容疑者が取り調べでどんな事を言ってるのかが ポロポロとマスコミに漏れるのは何故?…って事。


まず、漏れる事に問題がある。


さらに言えば、漏れた事を嬉々として世に広めてしまうメディアの姿勢も問題である。


よく「言って良い事と悪い事がある」と人は言う。


私はメディアに対して「報道して良い事と駄目な事」ってのがあると思う。


良いか悪いかの判断が為されているのか否かはメディアに問うと 必ず、「報道の自由」をメディアは持ち出して主張する。


けれども、「報道の自由」を守る為には 報道する内容が真実であるという、少なくとも高い信頼性があって初めて主張できることであり、「いくらなんでも そりゃ報道しちゃダメだろ」って事や ヘタすれば捜査関係者とやらの捏造かもしれない話など その辺の区別が出来ない限り、メディアに対して「報道の自由」を主張する資格は無いと思うのだ。




さてさて…


ここまで記事の原稿をタイプして 昨夜は睡魔に襲われ寝たわけだが、つけっ放しにしておいたTVが 何やら騒がしくて目が覚めると駿河湾で強い地震があったとTVは大騒ぎ。


地震が起きたのは5時過ぎで この記事をタイプしている今は9時過ぎ、この約4時間という間に 時々、チャンネルを換えてTVを見ていて思った事は どの局も震源地から かねてより心配されている東海地震との因果関係みたいなものばかりに拘って 学者やコメンティターの「推測」ばかりを垂れ流している。


けどねぇ… 今一番、震源地近辺に住まう人の欲しい情報は 学者や識者の推測なんかよりも どこが被害が大きいのか? どの道が通行止めなのか? 交通機関はどうなっているのか? と言う事であり、その次に重要なのは 接近している台風がどういう状態なのか? じゃないのかね


「では、地震の情報はひとまず 次は「さかいのりこ容疑者の…」」って


そんなの 今、わざわざ報じなきゃいけない事なのかね?


なんだか、早朝から不愉快な気分。^^


…というわけで、朝っぱらからDVD見ている私も どうなのかな?…と思いつつ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2009年)』関連の記事

コメント

そうですよね。裁判員経験者のメディア露出はどうなんだろ?と思ってましたけど、やっぱりおかしいですよね。せめて顔を隠すべきかと・・・

★ mac さん

お久しぶりです 暑中お見舞い申し上げます。^^

やっぱ、変ですよね。。^^;>裁判員

中には積極的にメディアに出て喋りたい裁判員もいるんでしょうけどね

事前のメディアでは 裁判員に危険が…とか 心理的プレッシャーが…とか 散々に危惧しておいて 始まった途端 コロッと変わって

「如何でしたか? 裁判員になられた感想は?」

…って どうなの? と。

これで 裁判員の誰かが被告や関係者から 何らかの危害が及んだ時、誰の責任なの?って誰も何も思わないのかな?とも

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。