« 誰から優先的に摂取するのか… | TOPページへ | 怨み屋本舗REBOOT 第7話 »

2009年08月22日

● ブタネコの撮影メモ 応用編(2)


ちょっとシャッター・スピードの話をしよう。^^




先日、『ブタネコの撮影メモ 本体編』という記事の中で


例えば、基本的に私は滑走路脇で飛行機撮影をする際に 機体の離着陸を撮す時はシャッタースピードを1/160を上限に それより開放気味に、場合によっては真っ昼間の順光であっても1/30とか1/15に設定して、それに絞りを合わせて撮る時が多い

そうやって流し撮りする事で 背景が流れる様に写った写真が自分の好みだからだ。

別の例で言えば、ヘリコプターやYS-11やC-130の様なプロペラ機を撮影する場合に それらの機体のローターやプロペラが回転している様に写したい。

となると、シャッタースピードを1/160から1/200の間に設定しなければならず、絞りはそれに合わせる事になる。

また、逆に シャッタースピードは1/500よりも高速で撮った方が 写りが鮮明だ…と、シャッタースピードを優先に考える人もいる。

結局、撮り上がった写真がどのように写っているのが好みなのか? 理想なのか? それによってもパラメーターは変わる…って事でもあるんだよね。

と、述べた事に関して 何人かの方から質問を寄せられたので、まとめてお応えすると同時に もしかしたら他の方にも参考になるかもしれないと思うので 記事にまとめておこうと思う。^^




C-130輸送機を ある理由があって、個人的に研究する為にカメラの設定を変えて撮り分けてみた結果を公開するので御参考になれば幸い。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

1/125 f11 ISO100


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

1/200 f14 ISO100


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

1/800 f7.1 ISO200


上の①②③は 別々の機会にC-130を正面方向から撮影したモノだが、注目して欲しいのはシャッタースピードと 機体のプロペラのブレ具合。


① < ② < ③ という具合にシャッタースピードが速くなるに従いプロペラのブレ具合は減り


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

1/2000で撮った上の写真に至っては 機体は空中にあるのにプロペラは止まってしまっている悲しい写真になる。^^;


どのぐらいのブレ方を良しとするのか?は 写真を見た人が どう感じるか?よりも、私は撮った本人が決めるべき事だと思っていたので、私の好みを言えば①の1/125


で、1/125の様にシャッタースピードを低速気味にする事で


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

1/125 f11 ISO100


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

1/200 f14 ISO100


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

1/800 f7.1 ISO200


プロペラだけではなく、背景もブレる事が私の好みだったから。^^


しかしながら、見比べると判りやすいと思うが シャッタースピードが高速だと撮影時の手ぶれ防止機構が有効となり 画像がクッキリと撮りやすい。


でね、なんでこんな撮り分けみたいな実験をしたかというと…


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

1/125 f11 ISO100


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

1/200 f14 ISO100


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

1/800 f7.1 ISO200


C-130は条件がハマると 上の⑧⑨⑩の様にプロペラからベイパーが発生する。


このベイパーは 実験の結果、シャッタスピードによって写真に写る時のでボヤケ方が変わる為、私は そのベイパーがクッキリ写せるシャッタースピードと、プロペラのブレ具合との反比例とも言える相関関係の中で 自分なりに妥協出来るシャッタースピードを探したかったのだ。^^;


ちなみに、YS-11やP-3Cなどのプロペラ機のプロペラや CH-47やUH-60等のヘリのローター それぞれ機体によって回転するスピードは微妙に違うから、厳密な事を言えば ペラのブレ具合を探すには機体毎に試す必要がある事を忘れてはいけない。




余談だが…


上の写真の中で ④の写真を撮ったのは昨年の7月で場所は小牧基地


撮った時は全然、気づいていなかったのだが 旅行を終えて札幌の自宅に戻り、旅行中に撮り溜めた写真データを眺めていて この小牧で撮った写真のC-130のプロペラが全て止まっているのに気づいた時、愕然とした。^^;


私としては1/200で撮っていたつもりなのに、1/2000になっているという実に初歩的なミスをしでかしたからだ。^^;


で、それ以来同じミスをしない様に心がけているのだが 同時に、C-130が千歳に降りてくるのに遭遇する度に クッキリとベイパーを撮りたいと思い続けて挑戦していたのだが、叙述した様な反比例的相関関係に気づき 今回記した様な実験を行ったのだ。


まぁ、他人が見たら「ただの物好き」とか「暇な奴」と映るのかもしれないけど 折角、いろんな設定が出来るカメラを手にしたのだから これぐらい弄くって遊ばない手は無いし、これぐらいやって初めて決して安くはないカメラやレンズを買ったもとを取れるんじゃないか?なんて能書きを口にするんだけど…


違うパラメーターで撮り比べて「う~ん」って悩んでいるのが楽しんだな 私には。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『撮影メモ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。