« 2009千歳基地航空祭(その5) | TOPページへ | 救命病棟24時4 第2話 »

2009年08月19日

● ブタネコの撮影メモ 自衛隊編


あまり、ネタばらしはしたくないのだが…^^;




これから千歳空港で飛行機撮影に挑戦しようという人の為に 余計なお世話をしておこう。^^


自衛隊は民航と違って フライトスケジュールが公開されていないから、写真を撮る為には チャンスが訪れるのを辛抱強く待つしか無い。^^


「ローカル」と呼ばれる、通常の訓練飛行の場合は 概ねのフライトスケジュールにはパターンがあるので、頻繁に通っているマニアは そのパターンを基にその日の撮影を検討する。


戦闘機の訓練の場合 一回の訓練飛行を1ピリオドと呼び、1ピリオド概ね1時間のフライトを午前と午後に1度ずつの二回、もしくは午後二回の3ピリオドをフライトし、週に何度かは「ナイト」と呼ばれる夜間飛行訓練が付加される。


さて… 千歳に撮影に出かけて空を見上げ、雲ひとつ無い好天に満足しても 逆に、F-15がフライトする気配が無い…って事がある。


それは、飛行場周辺の天気が良くても 訓練空域の天候が悪いから…って理由が考えられる。


ゆえに、千歳に集うマニアは 空港の天気だけじゃなく、積丹沖とか襟裳岬から三沢沖にかけての太平洋上の天気も把握する。


訓練空域が好天だったら 飛行場が雨降りでも離陸するのが自衛隊…って事なんだな。^^




さてさて、「いつフライトするか判らない」とはいえ 自衛隊側滑走路の場合、ある程度の目安がある。


ひとつは


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

滑走路脇で待機している消防車。


そして、もうひとつは


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

モボステーションと呼ばれる滑走路端の監視車


フライトがある場合、消防車は規定の位置に停車して待機し モボステーションにはピザ屋のデリバリーが使う様なバイクで待機員が移動してきている。


これが30分以上、フライトが無い場合は消防車はベースに戻り モボステーションからバイクも消えるので 少なくとも彼等が再び現れるまで離陸する機体は無い。


千歳基地は広いから 撮影ポイントによってはこの二つが必ず見えるとは限らない。


が、ハンディレシーバーで固有の周波数をチェックしていると


「サウスモボ クローズします」


なんて感じで 無線が教えてくれる。




マップ


上の図は千歳空港と新千歳空港のマップ(図の上が北、下が南)


左側の18-36が昔からの千歳空港であり、今では自衛隊専用の滑走路となっている。


ただし、現在(2009年8月)は東側の18L-36Rは滑走路の路面張り替え工事(予定では10月まで)の為クローズとなっているが、今後の為に オープンである時を前提に以下を語ろうと思う。




・赤F

通称:36Rの土手と呼ばれる場所(古いマニアからは共産党の丘とも)呼ばれる

ここは積雪時には滅多に除雪が入らないので 春先や新雪時に車両で乗り入れると簡単にスタックするから注意が必要。


北風で36Rからティクオフする場合 最も近く撮影出来るポイントだが、午後は逆光となる。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の写真は この場所で36Rに着陸してきたF-15を撮ったもの


で、運が良ければ この場所で


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の二枚の様な写真が撮れる。^^




・赤G


北風時に西側滑走路の36Rからテイクオフする機体を撮るポイントとして 最も人気の高い場所


先述した赤F同様 冬期間には殆ど除雪が入らないので真冬にここを利用するのはほぼ不可能。^^


日米共同訓練』という記事の最後の一枚以外は 全て、このポイントで撮影したモノなので御参考に




・赤H


このポイントは限られたごく一部分を除き 現在は立ち入り禁止となりました




・赤I


このポイントは 南風時に18Rに着陸進入する機体を撮るのに適した所。


現在は18Lが閉鎖中なので 18Rのみに絞ってポジション取りを考えられるが、18Lがオープンの時は 人それぞれによって微妙に場所が違うし、無線を聞きながら住宅街をあっちだこっちだと右往左往するポイントでもある。^^;


飛行教導隊 in 千歳(その2)』という記事の⑥~⑪の写真は 全て、このポイントで撮影したモノなので御参考に




さて…


マップ内に緑Eと示した場所は 地元のマニア達の間では「陸橋」と呼ばれている場所。


自衛隊側滑走路と民間側滑走路の両方を見渡せる場所。


しかしながら、見渡せるだけあって どちらに対しても距離があるので300mm以上の望遠がないと辛い


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

画像をクリックして大きな画像で見てね。^^


上の3枚は緑Eから撮した遠景である。


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

上のエーデルワイスは この場所で自衛隊機を撮っていて、合間に ふと振り返ったら写せたモノ。


また、この場所で運が良いと


画像をクリックして大きな画像で見てね。^^

こんな写真も写せる。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『撮影メモ』関連の記事

コメント

またまた今日も貴重な情報ありがとうございます!
リンクをたどって過去の写真を見せてもらいましたが、どれも素晴らしいです!
特に教導隊、カッコいいです。
それにカメラに気づいてポーズをしてくれる米軍パイロット。うれしくなりますね。
平日の休みが取れないので、なかなか自衛隊機を撮影する機会がないんですが、撮ってみたいです。

はじめまして、くにすけです。
かっこいい写真ばかりですね。
以前に写真が撮りたくて生コンポイントまで歩いていったことがあるのですが
フェンスの高さに断念してしまいました><
でも、飛行機が近くで見れたのでよしとしました^^
民間機は千歳空港の展望台?以外からは三脚が必要ということがわかりました。
自衛隊機は三脚不要のポイントありますか???

くにすけ@仕事のため航空祭いけなかった;;

★ yah さん

お褒めの言葉 恐縮です。^^


★ くにすけ さん

ここしばらく 私は撮影に三脚を使用していません。

おそらく、今後も 何かの考えが浮かばない限り 三脚を使用する事は無いと思います。

で、もしや三脚ではなく脚立かな?と 自衛隊機の撮影に挙げたポイントでは どこも脚立は不要です。

が、G及びHのフェンス際は 2mほどのフェンスに対応した脚立を使用する人はいますね

こんばんは、くにすけです。
三脚ではなかったです。。。
脚立でした。はずかしぃ>w<
脚立不要ですか!!貴重な情報ありがとうございます。

しかし、ほんと飛行機好きにはたまらないblogですね。
2008年08月14日 千歳基地航空祭 その3のスライドショー大好きです!!
何度も見てしまいます^^

今度の休みに天気がよければ、頂いた情報をたよりに撮りに行ってみます。
今からワクワクしてます。
ではでは^^

★ くにすけ さん

お楽しみに^^


自衛隊基地側は、まだまともに撮影したことがないのですが、思わず行ってみたくなる記事ですね。

2007年の1月、雪があまり積もっていなくて、36Rまで歩いて様子を見にいったことがあるのですが、2009年の1月は130号線からの入り口の様子が、立ち入り禁止のような雰囲気に見えました。冬場、歩いて行くこと自体は(積雪や体力的な問題は別にして)OKなんでしょうか?

★ Takashi Hoshizawa さん

ホシザワさんの軍用機動画 物凄く楽しみです 私ごときで宜しければ御協力は惜しみません。^^

36R及び36L(マップ内のGとF)に至る道路は 私の知る限り、制限的に進入禁止になった事は無いと思います。

ただ、冬場は殆ど除雪が入らない事 積雪による倒木などで道路が塞がれてしまう事がよくあり、車両で進入する事は厳しく 130からの入り口も あたかも、「ここ進入出来ないよ」風に見えますね。^^


積雪時に徒歩による進入は私はした事がないので無責任で申し上げれば、可能ではあるけれど、36RでA-10と同等の困難度 36Lはその数倍の困難度の為、到達直後にランウェイチェンジがかかった場合の衝撃度を考えると 私は怖くて行けません。^^

ちなみに、冬場 特に2月頃になれば 滑走路周辺に積み上げられた排雪の山の上で撮る…という その時期ならではのポイントがいくつか発生しますので そちらの方が面白いと私は感じております。


 ブタネコさん、コメントありがとうございました。徒歩で行くならOKということであれば、積雪がそれほどでなければ、今度トライしてみようかなという気になってきました。

 2007年1月に36Rに行ったときは、初めてで様子が全くわからなかったので、デジカメだけしか持っていかなかったのですが、F-15や政府専用機が雪の降る中を降りてきて、最高だったのを思い出しました。

★ Takashi Hoshizawa さん

>今度トライしてみようかなという気になってきました。

さすが、ホシザワさんだ^^

そう言われては 地元として、私も今度の冬に行かずばなるまいて

雪が降る頃までには18L-36Rのメイン滑走路の工事も終わるはずなので 今からそれが楽しみです。

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。