« 探偵学園Q 第7話 | TOPページへ | ブザー・ビート »

2009年07月13日

● 雑感(7月12日)


今日の昼間、何気に見ていた番組を題材に ちょっと語ってみようと思う。




今日の午後、もしかしたら北海道地区だけかもしれないが


日高義樹のワシントンリポート

「日高義樹のワシントンリポート」という番組が放送されていた。


今日の特集は


日高義樹のワシントンリポート

という事で、


日高義樹のワシントンリポート

演習を終えた第7艦隊の旗艦「ブルーリッジ」が沖縄のホワイトビーチから横須賀へと移動する2泊3日 日高義樹が同乗して訓練風景や乗員へのインタビューをリポートするというもの


パッと こんなタイトルを見たら


「ああ、軍事モノか…」


とか、


「俺の周りには関係無いや」


そう感じて 違う番組を見るなど、この番組を見ない人も多かろう。


私は… と言えば


   ・「ブルーリッジ in 小樽♪


なんて記事を掲示する軍事ヲタであり、写真ヲタでもあるから ラテ欄でこの番組のサブタイトルを見た瞬間に必見番組となるわけだが…


たしかに、こういう趣向の番組は「近年、中国の急速な軍備増強が…」など、軍事力と世界情勢などの話題が多いから、平和ボケした日本人感覚からは 見る必要も無い番組となるのであろう


でもね、それは視点 というか、視野がともすれば狭い証拠だとも私は言えると思うのね。


例えば、何気にこの番組を見ていて 番組の主旨とは違うのだけど、たまたま映像内で見知った二つの事に「ん?」と感じた。


ひとつめは 仮に、どこかに災害が発生した時 ブルーリッジが旗艦である第7艦隊と 日本の自衛隊との違い


日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート


下世話な話だが、部隊が出動となれば当然 金がかかる。


災害派遣、つまり人命救助だから そんな金勘定など後回しでいいだろう… たぶん、多くの人はそう思う。


けれども、部隊の司令部や指揮官は 全て後回し…とは言えない。


要するに、アメリカでは 通常の予算の中に最低限ではあるが、「いざ」と言う時の予算が計上されており、そうする事によって各司令部や指揮官に即応出来る権限の範囲も決めてる。


ゆえに、まずは動き その上で状況を確認しつつ、それに応じて対応を変化させていく…という柔軟性を持たせていると言う事。


それに対して、日本の場合 シビリアンコントロールの拡大解釈もあって、命令系統自体が昔よりは良くなったとはいえ、即応性は高くない。


しかも、予算的な部分や自衛隊に対する偏見などもあってか将来を予見して…とか、不測の事態に…なんて いわゆるタラレバは「起きてから考えましょ」みたいな先送りばかり


とかく、政治が悪い 政府がデタラメ、官僚が…と 国民の多くは文句を言うが、では具体的に 何がどう悪いのか?って点を聞くと、ガソリンなどの物価が…ばかりで 予算の建て方や使い方などに言及するケースは殆ど無く、それは全て


「お役所がきちんと機能すれば…」


なんて、大雑把な批判ばかり。


要するに、本当に政治を良くしたいと願うのであれば 最低限の関心を持って予備知識を持たなきゃダメじゃないのかな?




さてさて…


二つ目は


日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート日高義樹のワシントンリポート

日高義樹のワシントンリポート


ちょっと多めにベタ貼りした事はお許し頂くとして…


上のキャプはブルーリッジの乗員、特に若者達へのインタビュー場面。


少しだけ簡単に説明しておくと アメリカには一定期間兵役に就く事を条件に 大学の学費を軍が負担する奨学金制度があり、多くの若者達が それを利用している。


良い面で言えば、


 ・進学意欲はあるけれど 貧しくて学費を捻出出来ない家庭の子供

 ・高校卒業時点で将来、大学でどんな勉強するか どんな仕事に就きたいか?
  それらが決められていない子供 


そういった子供に機会を与える これって視点を変えればある意味、福祉でもあり、国家の人材育成とも考えられるんじゃないのかなぁ?と。


まぁ、左翼系 特に日教組のクズ共などは 無垢な若者が自衛隊に入るとそこで右翼化洗脳が行われる…とか言うのであろうし、軍備拡張に繋がる…なんて言い方もするのだろう


根本的に 米軍が日本に駐留している事が許せない…とか、そういった点で毛嫌いする考えもあろうし、駐留米兵による犯罪や地位協定の問題などもあって 米兵に対する認識が異なる方も多いだろうから なかなか聞く耳を持たない方も多いとは思う。


もちろん、自衛隊の在り方とか国民の認知度とか 色々と改善すべき点はあると私も思うけど、でもね、失業対策とか景気対策のひとつの方策として検討しても良いと思うのだが如何であろう?


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『雑感(2009年)』関連の記事

コメント

自分もこの番組は楽しみにしていたのでしっかり見てました。

軍事物は結構好きなのでこちらのブログに掲載されている戦闘機などの
写真はいつも楽しみにしています。(ちょっとこの記事の趣向からはズレたレスですが^^;)

以前ある本で読んだのですが「アメリカでは兵役を務めればアメリカ国籍が習得出来る
自分の命を懸けてまでも多くの人たちが国籍を欲しがるということはそれだけまだ
アメリカという国には魅力があるということだろうが翻って我が日本はどうだろうか?」

アメリカと日本のどちらが魅力があるのかは置いておいて、結構考えさせられた
一文でした。 (なんだかレス全体的にズレズレですいません^^;)

>上のキャプはブルーリッジの乗員、特に若者達へのインタビュー場面。

みんな、良い顔してますよね。

それに引き換え日本の・・・と考えるのは安易かもしれませんが。

全てのアメリカの若者がそうだという訳じゃないだろうし、全ての日本の若者がこうだという訳じゃないだろうから。

が、しかし・・と思いたくもなる今日この頃。

 初 コメントさせていただきます。
友人のブログから 「ブタネコさん」の所を知ることになりました。
北九州在住です。「日高リポート」はやってますよ~。
大学になり、寮から出て独り暮らししているときに「日高リポート」何度か見ています。
勉強不足なので 上手く伝えられないと思いますが、書かせていただきたいと思います。

『失業対策とか景気対策のひとつの方策として検討しても良いと思うのだが如何であろう?』
ありだと思います。が、教育がもっと『日本』について主観的・客観的に多くのことを伝えないと
希望者はいないのかなあ~と 思います。
ゲームやネット などなど あらゆるものから 洗脳されていそうな 人たちが ニュースで
出てきているので、自衛隊ばかりが洗脳するもの!!では無いと思います。
が、政治はこれを利用するんですね~。ああ、時間の無駄な気がします。
もっと やらなくてはならないことが沢山あるのに・・・・と。

子どもができて特に教育・政治などについて ダンナと話しています。
自分たちが出来ること、伝えられることを見極めないといけませんよね。
大変ですが、頑張らなくては!!と 2歳の子を想いながら 日々考えております・・・・

へんてこな 内容ですが、「日高リポート」好きな番組なので(最近は子どもがいて見れませんが・・・)
投稿・・・なんてことしてしまいました。

★ けんしろう さん

>兵役を務めればアメリカ国籍が習得出来る

私が知る限りでは アメリカという国に国籍を欲しがる魅力があって…という意味よりは 移民者の子弟などが国籍を取得する簡単な方法…という意味合いの方が強いようですよ。^^


★ うごるあ さん

>みんな、良い顔してますよね。

いい顔もしてるし、しっかりした考えを持ってますよね


★ もじっこ さん

こちらこそはじめまして コメントありがとうございます。^^

どなたの御紹介かは存じませんが、ありがたい事です。

>教育がもっと『日本』について主観的・客観的に多くのことを伝えないと

そうだと私も思います。

進学先を防衛大とか 就職先を自衛隊と高校の進路相談で言うと、必死に止める教師が現実に少なくないのが現状ですから

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。