« 怨み屋本舗REBOOT 第2話 | TOPページへ | GOTH 映画版 »

2009年07月19日

● センセイの鞄


2003年にWOWOWでドラマ化され、2004年にはフジ系で放送された「センセイの鞄」のDVDを入手したので見た。




センセイの鞄


主演は


センセイの鞄

「小泉今日子」


センセイの鞄

行きつけの居酒屋で高校の恩師だったセンセイと出会い、いつしかそれは恋愛関係へと発展する… ってなあらすじ


センセイの鞄


演出:久世光彦、音楽:都倉俊一という顔ぶれから昭和50年代のドラマの匂いが漂い、その世代を知ってる身としては まったりと眺めて楽しめるドラマだった。


個人的「お気に入り」俳優が出演していないので 通常であればブログに記事を掲示しない一本とは思うのだが、記憶に間違いがなければ誰かに このDVDを見てみなと薦められたのがキッカケだったので それが何方だったのかが思い出せないのだが、この記事を掲示する次第。


ラストのオチ、特に小泉今日子のソロの演技に 深く感動したり、引き込まれる人はかなりいるだろうと思う。


しかしながら、私は 申し訳ないが、それほど感動も引き込まれもしなかった。


それは、私には恩師と呼べる存在がいないので共感出来る部分が少ない事と、このドラマにおけるセンセイの振る舞いに なんか、しっくりとこない反感めいた気持ちを抱いたからだと思う。


ちなみに、私はこの映像をDVDで初めて見たのだが 小泉今日子が「転々」や「グーグーだって猫である」などの映画で いい歳の取り方をしているなぁ…と、感じていたのだが それよりも数年前に この「センセイの鞄」でそういう姿を見せていたんだなぁ…という発見は興味深かった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『過去の名作ドラマ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。