« 札幌の花火大会(7月24日) | TOPページへ | 怨み屋本舗REBOOT 第3話 »

2009年07月25日

● オルトロスの犬


2009年7~9月期 TBS系で毎週金曜日22時から放送されたドラマ「オルトロスの犬」について記しておく。




●新ドラマ「オルトロスの犬」の第1話を見た。




オルトロスの犬


オルトロスの犬オルトロスの犬


個人的お気に入りで出演しているのは「水川あさみ」だけかと思っていたら…


オルトロスの犬オルトロスの犬


「原田夏希」も出演してるのね、そういう大事な事は もっと早く番宣で言ってくれないと…^^


オルトロスの犬

オルトロスの犬


まぁ、第1話の段階なんで まともな感想は控えようかと思うのだが…


クソドラマ臭が漂ってばかりの今クールのドラマの中で「ひょっとしたら面白いかも」って気になった第1話だった。


ただ、気になる点をひとつだけ挙げておくと…


神の手を持った男が なんでむざむざと3人殺した殺人犯で呆気なく逮捕されていたのか? その点を今後の展開でどういう風に納得させてくれるのか… だね。^^




●「オルトロスの犬」の第2話を見た。




オルトロスの犬


オルトロスの犬


「水川あさみ」


オルトロスの犬オルトロスの犬


「原田夏希」


意外に思われるかもしれないが 第2話を見て、「あ、やっぱ これ面白いかも」と思った。




●「オルトロスの犬」の第3話を見た。




オルトロスの犬


オルトロスの犬


「水川あさみ」


オルトロスの犬


「原田夏希」


今週は多忙の為 感想は無し。^^;




●「オルトロスの犬」の第4話を見た。




オルトロスの犬


オルトロスの犬


「水川あさみ」


オルトロスの犬


「原田夏希」


今週も多忙の為 感想は無し。^^;




●「オルトロスの犬」の第5話を見た。




オルトロスの犬


オルトロスの犬


「水川あさみ」


オルトロスの犬


「原田夏希」


今週も多忙の為 感想は無し。^^;




●「オルトロスの犬」の第6話を見た。




オルトロスの犬


「水川あさみ」


オルトロスの犬


「原田夏希」


今週は体調不良の為 感想は無し。^^;




●「オルトロスの犬」の第7話を見た。




オルトロスの犬


オルトロスの犬


「水川あさみ」


オルトロスの犬


「原田夏希」


今週は体調不良の為 感想は無し。^^;




●「オルトロスの犬」の第8話を見た。




オルトロスの犬


「水川あさみ」


オルトロスの犬


「原田夏希」


今週はPS3ガンダム戦記のシナリオモード・クリアに夢中なので 感想は無し。




●「オルトロスの犬」の最終話を見た。




オルトロスの犬


オルトロスの犬


「水川あさみ」


オルトロスの犬


「原田夏希」


最終話と言う事でPS3ガンダム戦記のパーツ集めに忙しいのだが、感想を少し述べておこうと思う。


第2話を見たあたりまでは もしかしたら、面白いドラマに発展するかもしれない…と期待したのだが 3話目以降、どんどん私の個人的評価は下降線を辿った。


その一番の理由は「高畑淳子」の起用と演じた役柄


かつて唐沢版「白い巨塔」で東教授夫人を演じた際は なかなかの好演だと感じたのだが、それ以降、彼女の演じる役柄は微妙な違いはたしかにあるけど ワンパターンの域を超えていない。


もちろん、彼女の演技力をもってすれば 別な人柄をもちゃんと演じ分けられるのかもしれないし 彼女に対してそれぞれの出演作における制作者達が常に彼女にワンパターンな演技や役柄を求めたせいなのかもしれない。


だから、高畑淳子自身にとっても ある意味、不幸というべきなのかもしれないけどね。^^


3話、4話へと回を進めていくうちに 典型的な高畑パターンが露出するのを眺めて「あぁ、こりゃダメだ」と私は感じてしまったんだな。^^




そして、もうひとつの理由は 終盤になっての「平田満」の登場だ。


平田満も 高畑淳子と同様で 最近の役柄がワンパターン化しつつある。


ただ、私は高畑と違い 平田満に関しては彼が若い頃の そう「つかこうへい」の舞台に出演していた頃の彼を何度も見ており 彼が、本当は上質なコメディ俳優である事を知っているだけに 最近、彼にそういう役柄がまわっていかないのを心の底から残念に思っている。


変質者とか、二面性のある人物とか そういった役柄は相当な演技力の持ち主じゃないと演じられないし、そういう役者が演じてくれないとドラマは呆気なく崩壊する。


ゆえに、平田満にそういう役柄が求められるのは理解が出来るけれども「あ、平田満だ」となった瞬間に そういった背景を見透かされる様なワンパターン起用は それだけで崩壊への序曲にもなる。




結局、この「オルトロスの犬」は終わってみれば 佐々木蔵之介が演じた人物以外、最後は良い人…となってしまったわけだが、それにたいして「なんだそりゃ」とシラけた視聴者も少なく無いと思うわけで 特に「原田夏希」ヒャッホイの私としては 彼女の演じた人物の変貌ぶりが最も「なんだそりゃ?」だっただけに 残念で他ならない。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『水川あさみ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。