« 玉木宏 盛り合わせ | TOPページへ | 栞と紙魚子の怪奇事件簿 第6話 »

2009年06月16日

● 特急田中3号 第7話


今更、こんなクソドラマを何故語る?と 御不審の方も多かろう。^^




特急田中3号

何度、見直しても このドラマがクソドラマだという私の感想は変わらない。


主な出演者で「お気に入り」だけ挙げておくと…


特急田中3号特急田中3号

「平岩紙」


特急田中3号

「塚本高史」


特急田中3号特急田中3号

「加藤ローサ」


特急田中3号

「尾美としのり」




さて、正直に言うと このドラマは最初の数回と最終回を見ただけで オンタイム時に真ん中はスルーして 私にしては珍しく録画も残していなかった。


が、最近になって ある事実が判明し、仕方が無いから第7話が入っているDVDの4巻だけ入手しようとしたら 馴染みの店長が


「ボックス単位でお願いしますよ」


と、言い張りやがる。


どうしようかなぁ…と 数ヶ月迷ったが、すると見込みで入荷してしまっていた店長が根負けして…
(すいません、後は店長との約束で詳細は書けません)




何故、私が第7話に拘ったのかというと…


特急田中3号

特急田中3号

特急田中3号

特急田中3号

第7話にだけ「木南晴夏」が出演していると判ったから。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『木南晴夏』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。