« 榮倉奈々 in 5LDK♪ | TOPページへ | このブログのイラストについて(2) »

2009年05月09日

● 将来の夢・過去の現実(その3)


将来の夢・過去の現実(その2)の続きを記そう…




東京でのSE生活に見切りをつけて札幌に戻った私は 喫茶「職安」の常連さん達の仕事を手伝い始め、特に運送屋のNさんや弁護士のOさんの鞄持ちみたいな付き人をしながら 常連さん達の言う「大人の世界」を垣間見ながら勉強し…


で、20数年が経って現在に至る。


その間に喫茶「職安」の常連さんは悉くこの世から旅立って行った。


実を言うと 今、私が使用している二代目開業医の病院の病室は かつて、NさんとOさんが旅立っていかれた部屋でもある。


そう言うと「縁起でも無い」とか「怖くない?」とか言われる人も少なく無いだろうけど、むしろ 私はNさんやOさんが化けてでもいいから出てきて欲しい、今だからこそ 聞いたら教えてくれるんじゃないか?と思えるいくつかの質問をぶつけてみたい…と、毎晩 寝る時に楽しみにしているぐらいなのだ。^^


かつて、Nさんがこの病室で余命いくばくも無い時


「まぁ、こんな状況だから 少しは種明かししておくか…」


そういう切り口上で Nさんはいくつかの話をしてくれた。


その一つが


「オマエ、覚えてるかなぁ…

 屯田兵の御隠居が亡くなる少し前の時、「職安」で俺が考え事していたら

 何、考え事してんですか?って しつこく聞いてきた事があったろう?」


最初、そうNさんに言われて 私はその時の事を直ぐに思い出せなかったのだが


「屯田兵の御隠居から貰った趣味…」


そう言われて「あぁ」と思い出した。


すると、Nさんはゲラゲラと楽しそうに笑い


「屯田兵の御隠居がな 亡くなる前に、俺(Nさん)と弁護士のOに

 あのバイト学生達は面白いなぁ… って頻りに楽しそうに言ったんだよ

 そして、アイツら(バイト学生達)には近頃の(当時の)小僧ともとは ちょっと違う匂いがある

 もし、俺にまだ寿命がいくらか残っているのなら アイツらを育ててみてぇなぁ…

 ”アイツらの人生を弄って遊ぶ… それって面白い趣味だと思わねぇか?”

 俺(Nさん)やOに 御隠居がそう聞いたんだ。


 で、


 ”もし、俺がとっとと死んだら オマエ(Nさん)とOに その趣味をやるから

  (御隠居の)会社の管理とひっくるめて アイツら弄って遊ぶのを趣味にしろ”


 それが、御隠居が俺(Nさん)にくれた”趣味”なんだよ」


そう言った。


明治から昭和の初期頃を舞台にした小説などに「書生」という若者が よく登場する。


多くの人は 政治家や小説家などに弟子入りして 身の回りの世話などをしながら修行をする若者を「書生」と呼ぶと思っているが、実際の意味 特に最初の頃の意味は少し違う。


明治時代の中過ぎに学問が奨励され 地方から東京の大学へ進学しようと志す学生は少なく無かったが 当時の多くの家庭は貧しく、今の様に情報なども発達していなかった代わりに 地方から出て、東京で名を挙げ財を成した篤志家が 自分の田舎の見どころのある若者を預かり、学費や生活費を与えて勉強させてやるかわりに 学生達は家事や仕事の雑事などを手伝う…というスタイルがあり、そんな学生達の事を「書生」と言っていた。


つまり、日本ならではの奨学制度みたいな関係で 書生達の多くは大学を出た後も 篤志家に対しては人生における恩人と敬い それが後々の人間関係の派閥に繋がったりもしたわけだが…


「屯田兵の御隠居」は その名の通り、開拓史の末裔で札幌では屈指の資産家の家の跡取りだから 御隠居の家には書生が沢山おり、御隠居の父親は そういった書生達の面倒を熱心にみた人だったそうだ。


そんな父親の姿を見て育ったからか、後に 海軍士官として多くの部下の面倒をみた御隠居も 多くの部下達から死んで以後も慕われ続けたものだが、自分で言うのもナンだが 我々、バイト学生は 言ってみれば御隠居にとって最後の書生だったんだな。


だからNさんは その余命いくばく…の時期に、自らの死期を悟った上で 私に


「御隠居から貰ったこの”趣味”を そのままオマエ(ブタネコ)にくれてやるから

 今度はオマエが 若い衆を弄って遊べ^^」


と、言い遺したのだ




さて…


それから今日に至るまで 私も何人かの人生を弄って遊ばさせて貰っている。^^


だからこそ、


「~な場合、御隠居やNさんやOさんなら なんて言って対応するのかな?」


と、思った場面が いくつかある。


きっと、Nさんなら


「バカヤロウ、オメェそれはな…」


そんな切り出しで ニコニコしながら私を弄ってくれるはずで、そんな姿が偲ばれる。


                                                  (その4に続く)

お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『喫茶「職安」の話』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。