« パンテーン 新CM 新垣結衣 | TOPページへ | 名探偵の掟 第6章 »

2009年05月23日

● 赤い糸


2008年12月~2009年2月まで フジ系で放送されていたドラマ「赤い糸」について ちょっと語っておこうと思う。




実は、オンタイムで「赤い糸」を見ていたし、録画もしていた。


しかしながら、その時にブログに記事を掲示しなかったのは 「南沢奈央」の事が気になっていたので見ていたけど まだ、このブログにカテゴリーを設けておらず 他にお気に入りの俳優も出演していなかった事と…


個人的に どうも近頃の携帯小説というモノに嫌悪感すら抱いているので それを原作に用いるドラマを語る事に疑問を感じたからだ。


が、「虎馬さんのブログの記事」を拝読し 「必修課目」と言い切られたので、良い機会かもしれないな… そう思った。


で、DVDが出てから記すよりも その前に、今なら「録画してたもんね」と なんか証明してみたくなるのが私の悪い癖。^^


が、まぁ、そんな事はどうでも良い。




赤い糸


今回、あらためて録画を一気見してみたが ドラマの内容に関する感想はオンタイム時と何一つ変わっていない。


「偶然」とか「たまたま」とかって事は たしかに人生の中に何度も起きる。


であるがゆえに、その「偶然」とか「たまたま」は人生にドラマチックな思い出を残し、安易な小説やドラマは「偶然」とか「たまたま」を乱発する。


この「赤い糸」の物語に関しても 「偶然」とか「たまたま」が、まぁ、数え切れないぐらいテンコ盛りで辟易するばかり… ゆえに、記憶に残るシーンは


赤い糸

まさに、スカイダイビング…みたいな ダイブ・シーンの豪快さだけ


思うに、このドラマの原作は読んでいないので 勝手な想像でしかないのだが、TV化するに辺り 随分と過激な描写にならないように、あくまでも青春恋愛モノの枠内に留めようと設定や描写を弄ったのであろう。


それがゆえに「偶然」とか「たまたま」の必然性や説得力が欠けているのだろうとも思うのだが、だったら そんなもん最初から映像化しなきゃいいのに… と、私は思う。^^




赤い糸赤い糸

赤い糸赤い糸

赤い糸赤い糸

赤い糸赤い糸

赤い糸赤い糸

赤い糸赤い糸

「南沢奈央」は 素敵な女優さんになると思う。


彼女に惹かれる私の最大の理由は 同年代の別の女優さん達に比べ、彼女独特の雰囲気というか個性が 他の誰かと被っていない事。


問題は それが歳を重ねていくうちに、色褪せて平凡に埋もれない事を祈るばかりだ。


それと…


赤い糸赤い糸

赤い糸赤い糸

まだカテゴリーを設けるには至っていないが「きみの友だち 映画版」で知って以来、気になっている「石橋杏奈」を見れた事は嬉しく、同時に


赤い糸

「桜庭ななみ」という子が 気になっている。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『南沢奈央』関連の記事

コメント

ご覧になってたんですね!

なんだか 得意になって紹介してしまって 恥ずかしいです^^;

小説と映画・ドラマは別物と考えた方がよさそうです。


ふたりの「運命」を遂行させるために

友人たちが死んだり 大怪我したり

かなり強引なところもありましたが、

南沢奈央と溝端淳平の演技がとても瑞々しく感じられて 最後まで見てしまいました。


石橋杏奈、桜庭みなみ・・・ 転んでも ただでは起きませんねぇ~^^;

>「桜庭ななみ」という子が 気になっている。

たしか彼女は北薩産だったと記憶しております。

今後ともどうぞご贔屓にヾ(´▽`;)ゝ

★ 虎馬 さん

ええ、ただでは転びません。^^


★ Wen さん

アンタはいつから 県の広報を担当してんの?^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。