« 空へ~救いの翼~ Rescue Wings DVD再見 | TOPページへ | 相棒 Season7 第18話 »

2009年04月25日

● 本仮屋ユイカ in オーロラに恋して♪


「本仮屋ユイカ」が出演した「オーロラに恋して」という番組をようやく見た。




オーロラに恋して


オーロラに恋して

関東圏や関西圏から遠い地域に住んでいると いわゆる「放送されない一部の地域」となり、物凄く見たいと思っている番組でも見れない事がある。


私の子供の頃の様に そんな番組の存在すら知らなければ、悔しいとか悲しい気持ちにならずに済んだのだが、今ではテレビ雑誌やインターネットの存在で ある意味、知らない方が良かった情報まで入手してしまい 悲しい思いになる。


この「オーロラに恋して」という番組も そんなひとつ。


しかしながら、見れないんだから仕方が無い。


「ブタネコさん 良かったですよぉユイカちゃん」


そう教えてくれた人の親切までもが その時は腹立たしかった。^^




オーロラに恋してオーロラに恋して

オーロラに恋してオーロラに恋して

オーロラに恋してオーロラに恋して

オーロラに恋してオーロラに恋して

オーロラに恋してオーロラに恋して

オーロラに恋してオーロラに恋して

オーロラに恋してオーロラに恋して

オーロラに恋してオーロラに恋して

オーロラに恋してオーロラに恋して

オーロラに恋してオーロラに恋して

オーロラに恋してオーロラに恋して

オーロラに恋してオーロラに恋して


先月の末から今月の初頭にかけて 番組改編期でもあり、新ドラマなどの関係で番宣出演している「本仮屋ユイカ」を いくつかの番組で見かけた時、以前の彼女と雰囲気や物腰の違いが顕著で「ほぅ?」と感じたのは この番組の様な経験をしたからなのだぁ…


物事に真剣に打ち込む姿に感動した。




さて…


オーロラに恋して

「あなたが死ぬまでに一度は見てみたい自然現象は?」


オーロラに恋して


「オーロラ」「流星群」「ダイヤモンドダスト」「皆既日食」「流氷」…


正確に言えば「日食」は何度か見た事があるけど「皆既日食」は無い。


「オーロラ」も それが本当にオーロラだったのか?と問い詰められたら自信は無いが 北海道の夜中の1時過ぎに朝焼けが見れるとは思えないので「あれはオーロラでしょ」と決めつけている。


と言う事は 私はそれらを見た都度(計5回)人生観が変わった事になるのか?


「TV版セカチュー」や「北の国」からなどでも人生観が変わった事を考えると 私はこれまでに何度、人生観が変わったのだろう?


「ダイヤモンドダスト」に至っては 真冬の早朝に千歳空港に写真を撮りに行った際に何度も見た。


そう考えると、それは他人から見れば「コロコロ変わる人生観」と映りはせぬだろうか? orz



話は変わるが、私にとって「死ぬまでに一度は見てみたい自然現象は?」と もし、質問を受けたなら何だろう?と、考えてみた。


その結果、思い浮かんだ事は「落雷」


ただし、もっと厳密に言えば「稲光を写真に撮ってみたい」というもの。


けれども、それで人生観が変わるとは思えない。


これも歳のせいだろうか?…


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『本仮屋ユイカ』関連の記事

コメント

自然現象そのものより、それを観るまでに至った経緯とかが人生観を変えるような気がします。

私は「富士山頂で酸欠状態で観た御来光」です。

★ スミゴルフ さん

>酸欠状態で観た御来光

意味深ですね^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。