« ホームレス中学生2 | TOPページへ | ハンチョウ »

2009年04月14日

● 遺憾の意


ふと思った事を書き連ねてみる。^^




病院を抜け出して 千歳に写真を撮りに行ったのがバレて怒られた。


総看護師長からは


「ブタネコさん 病人は病人らしく おとなしくベッドに寝てないとダメでしょ」


当たり前の事を 当たり前の様に怒られた。


まぁ、師長という立場を考えたら そう怒るのは理解出来るし、むしろ当然の事。


患者としては 怒られるうちがある意味の華。


むしろ、静かに微笑んで


「楽しかったですか? それは良かったですね^^」


なんて言われたら


「あれ? 俺、もうすぐお別れですか?」


なんて思う他無くなるモンね。




主治医である二代目開業医にも怒られた。


「オマエさぁ… 俺にも立場があるわけよ

 オマエばかり贔屓にして 特別扱いしてんのか?…って 他の患者から言われたら応えようが無いのよ」


そう言われて


「ん? 誰かそんな文句を言ってんのか?」


と、聞き返すと


「いや、もし言われたら…って話なんだけどさ」


「だったら、言われてから言えやボケっ!!」




看護師のCちゃんにも怒られた。


「お昼御飯 無駄になっちゃったじゃないですか?

 いらないなら、イラナイって先に言ってくれませんか?

 世界には 満足に御飯が食べれなくて餓死してしまう人がいる事を考えた事はありますか?」


病院長である二代目は まだ、起きてもいない自分の保身で怒ったのに、Cちゃんは世界規模の平和な視点で私を怒る よく判らない病院である。




二人の娘達にも怒られた。


特に長女は 自分の彼氏であり、私の担当医でもあるA君を 私が写真を撮りに行く際の運転手にした事で激怒している。


「何の為に、主治医がいるの? 二代目のオジサンを連れて行けばいいじゃん

 もし、お父さんに何かあったら 全部、付き添っているA君のせいになっちゃうって知ってた?

 そんな事になったら 彼の医師としての立場が傷つくじゃない? どうするの?」


長女は父の身体よりも、彼氏の立場を重要視する様に成長してしまった。(ToT)




そして、嫁は…


「別に、アナタがどこで何をしようと 今更、ビックリもしないし怒る気も無いわよ

 人は”万が一”って言うんでしょうけど、私はその為に充分保険をかけているから

 むしろ、とっとと…って感じだし。」


嫁の口調は優しい。


でも、その優しさが逆に違う意味で 私のハートに突き刺さる…




テポドン


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ブタネコの句』関連の記事

コメント

奥様・・・いつも楽しませてもらっています^^
>テポドンを迎え撃つのは「遺憾の意」
このイラスト最高だなぁ DELIさんの新作ですか?

★ Nob さん

そうです 新作です。^^


ひっさしぶりに教授のブログ観てるんですけど・・・。
何やってんですか、あなたはwwwwww

いやー、もうしわけない。 爆笑してしまったwww

あれあれ? 前話してもらった内容思い出しますと・・・。


教授、ある意味あなたは特別待遇ですwww

★ 鍵山 さん

ほっとけ!^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。