« アルパカ | TOPページへ | 新耳袋 三人来るぞ編 »

2009年04月07日

● おっぱい


「おっぱい」という表現は ずいぶんと使わずにいた。




もうすぐ、綾瀬はるかが主演の映画「おっぱいバレー」が封切りとなる。



綾瀬はるかヒャッホイとしては楽しみな一本で、このところTVで予告も流れる様になり、


「ナイスおっぱい」


というトオルちゃんの台詞のお陰で「おっぱい」という言葉が また陽の目を浴びたというか、オジサン世代としては再び使い易くなったと言うか…


しかしながら、「おっぱい」という言葉を聞くと個人的に思い出すのは 1984年に放送された倉本聰の名作ドラマ「昨日、悲別で」である。


何故なら、そのドラマの中でヒロインの「石田えり」のニックネームが「おっぱい」で


「”おっぱい”が東京にいた…」


という風に、役名よりも”おっぱい”が名前の様に しかも、ごく普通に使われていた事を思い出すのだ。


先日、同じ倉本聰の名作ドラマ「ライスカレー」がようやくDVD化され それを入手して一気見し、大泣きしたばかりなのだが 「ライスカレー」がDVD化された事で あと、私が個人的にDVD化を心待ちにしているドラマは「青が散る」と「昨日、悲別で」の2本だけとなり、それだけに「おっぱい」と聞く度に無性に「昨日、悲別で」が見たくて仕方が無い。



お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『倉本 聰』関連の記事

コメント

おっぱいと聞いて駆けつけました

★ えどん さん

ども、お久しぶり^^

なんのお構いも出来ずスイマセン。

ブタネコさん こんばんは。

私は、映画館の切符売り場で、
欲しいチケットをどうやって伝えようかと
悩んでいます^^。

「バレー一枚」ですかね。
「おっぱいバレーですか!」と聞かれたら・・・

これが嫌で、試写会インターネットで申し込み複数件。
いまだ当選の報なし。残念。

★ おじさん さん

私は先日、とある映画を見に行った際に「ついでに おっぱいの前売りも一枚」と大声で言いましたよ^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。