« 遺憾の意 | TOPページへ | 笑っていいとも!2008春の祭典SP »

2009年04月14日

● ハンチョウ


ドラマ「ハンチョウ」の感想です。




ハンチョウ 第1話




ハンチョウ

第1話を見終えた個人的感想を率直に言えば…


このドラマが何を描きたいのか判らなかった。


刑事物なのは判る。


ずば抜けたスター刑事やダメ刑事がいるわけでもなく、突飛なトリックや それを解明する特殊技能を持った鑑識や検死官や法医学者が登場するわけでもなく 地道な聞き込みと、たまたま目撃した僅かな場面などから真相を導き出す…


もしかしたら、その過程の中で「ちょっとジ~ンとくる」感じを 構成と脚本から視聴者に与えようとしているのかな…って思うのだが、だとすれば 市原悦子なんかを持ち出した時点でクソだ。


結局、役者の世界では大先生と呼ばれる女優かもしれないが それはあくまでも楽屋ネタの問題で視聴者側から どう見えるか?が、当たり前の話だが視聴者には重要な事。


つまんねぇ自己満足型独り芝居に終始されて 1時間の放送枠なのに2時間ワイドですか?ってぐらいに長く冗長に感じただけだった。


が、市原悦子はどうやら1話だけのゲストって事らしいので 今回は1回目でもあるし、見なかった事にしたいと思う。


ちなみに、私は


ハンチョウハンチョウ

「黒谷友香」と


ハンチョウ

「近野成美」が見たくて この番組を見ているのだが、二人の今後の露出に大いに期待したい。


ハンチョウハンチョウ




ハンチョウ 第2話(私の中では最終話) 2009年4月21日




ハンチョウ


ハンチョウ

「黒谷友香」と


ハンチョウ

「近野成美」


お疲れ様でした。^^




ハンチョウ 第7話 2009年5月26日




ハンチョウ


余程の事が無い限り、この番組に関してはもう触れるつもりは無かった。


が、今回 あえて触れておこうと思ったのは…


ハンチョウ

「黒谷友香」と


ハンチョウ

「近野成美」を語る記事が これ以外に無い…という事で、「近野成美」ヒャッホイを自認する私としては 「近野成美」が準レギュラーでありながら 顔が写るのは上のワンカットのみで それも佐々木蔵之介の持つ携帯で顔が隠されていたり、せっかく台詞を喋っているのに後ろ姿だったり…


挙げ句の果ては


ハンチョウ

近野成美がいるべき唯一の場所である小料理屋の乾杯シーンに 彼女だけ姿が無い。(ToT)


頑張れ! 近野成美


少なくとも私は 君の事を応援しているからね^^




ハンチョウ 第8話 2009年6月2日




ハンチョウ


余程の事が無い限り、この番組に関してはもう触れるつもりは無かった。


が、今回 あえて触れておこうと思ったのは… 大阪だいさんに敬意を表しての事。


ハンチョウ

「黒谷友香」と


ハンチョウ

「近野成美」の他に


ハンチョウ

「大杉漣」も見れるという事で 見た。


ハンチョウ

「北川弘美」も見れたのは 嬉しかった。


それ以上の感想は無い。




ハンチョウ 第11話 2009年6月23日




ハンチョウ




ハンチョウ

「黒谷友香」


ハンチョウ

「近野成美」




ハンチョウ 第13話 2009年7月6日




ハンチョウ




ハンチョウ

「黒谷友香」


ハンチョウ

「近野成美」




この回には


ハンチョウハンチョウ

「尾上寛之」が チョイ役とゲストの中間ぐらいの役どころで出演していた。


いいぞ、頑張れ^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『黒谷友香』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。