« 小栗旬 in ぴったんこカンカン & A studio♪ | TOPページへ | 駅路 »

2009年04月12日

● ゴッドハンド輝


ドラマ「ゴッドハンド輝」の感想です。




ゴッドハンド輝 第1話 




ゴッドハンド輝


まぁ、何というか…


原作のマンガを読んで知っている身としては 主人公役が「平岡祐太」である事はどうでも良いと看過出来るが、


ゴッドハンド輝

「別所哲也」の北見は説得力に欠ける。


ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

個人的には「村川絵梨」は嫌いではないが 佐倉役は荷が重いんじゃないのかなぁ…と思っていたら


ゴッドハンド輝

原作では四男の「四宮慧」であるべき役どころを長女の「四宮梢」に置き換え それを「水川あさみ」に演じさせるところをみると 単なるライバル関係じゃなく好いた惚れたストーリーを加味させようとしているのだろうか?


だとしたら、つまんねぇな


ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝




ゴッドハンド輝 第2話 2009年4月19日




ゴッドハンド輝


ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

「水川あさみ」が見れたからいい。




ゴッドハンド輝

あ、「村川絵梨」も^^




ゴッドハンド輝 第3話 2009年4月26日




ゴッドハンド輝


ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

「水川あさみ」が見れて




ゴッドハンド輝

「村川絵梨」が見れるという意味で 今後も録画して暇な時にPVとして見る事はあるだろうけど、記事を記すのは何かの理由が生じない限り これが最後となるだろう。




というわけで、寸評を少し述べさせて貰うと…


この番組は 連載中の漫画を原作に用いてドラマ化された場合の 典型的な失敗パターンだと思う。


理由を言えば、原作をそのまま映像化するのを(何故か?)潔しとしない映像制作者の思惑か、さもなくば予算の関係という大人の事情かはともかく 原作とは違う改変部分が改良ではなく改悪となってしまっている点。


同時に、脚本家や演出などのスタッフが 本当に原作を読み込んでいるのか?と簡単に疑問を抱かせてしまうような演出・構成が鼻につきすぎる。




ゴッドハンド輝 第5話 2009年5月17日




ゴッドハンド輝


ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

「水川あさみ」が見れて




ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

「村川絵梨」が見れて これはこれで楽しいのだが…


内容的にはどうにもならないので もう記事にするのは止めようと思っていた。


けど、今週は


ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

「金子さやか」が出演していたのと


ゴッドハンド輝

来週が最終回だそうなので それに免じて記しておく




ゴッドハンド輝 最終話 2009年5月17日




ゴッドハンド輝


ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

「水川あさみ」が見れて…




ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

「村川絵梨」が見れて…


ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

ゴッドハンド輝ゴッドハンド輝

「金子さやか」が出演していたので 楽しかった。


ただそれだけだ。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『水川あさみ』関連の記事

コメント

なんか すごい内容でしたね・・・・。ドラマ自体があやふやのまま進んでしまった感があったし。キムタクドラマの繋ぎの要素が大きかったのではと思う。 それにしても、原作ファンの多い北見を別所なんかにやらせるなんて、今までで一番最悪なキャステング。 唯一の救いはジェネラルに出演していた人がいたことくらいかな。なかなか様になってましたよ。

★ 花梨 さん

>なかなか様になってましたよ。

すいません、一応 私もこの番組を見てました。

見たからこそ 記事を掲示しました。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。