« 接吻 | TOPページへ | 石原さとみ & 本仮屋ユイカ in レッドカーペット♪ »

2009年03月19日

● 映画版「容疑者Xの献身」


2008年に公開された映画「容疑者Xの献身」のDVDを入手したので語ろうと思う。




【注:以下の記事にはネタバレが満載です。】




容疑者Xの献身


原作に関しては 以前、「容疑者Xの献身」という記事で語っているので御参照願うとして 最近の東野圭吾のファンによると この原作が直木賞を受賞したせいか傑作だと高く評する方が多い。


私としては たしかに面白い本ではあったが、そんなに言う程、傑作か?と、世評との温度差の違いを感じたものだ。


で、映画のDVDを見た感想はと言えば…


なかなか面白い出来だとは思った。


容疑者Xの献身

TVドラマを見た最初の頃、ガリレオ役に福山雅治…というのが 原作のガリレオシリーズを読んで抱いていた私のイメージと少し違い、違和感を覚えたものだが 見慣れるとこれはこれでアリだし、面白いと感じていた。


問題は、「容疑者Xの献身」における天才数学者と呼ばれガリレオの友人でもあった男を誰が演じるのか?という点で「堤真一」を起用したのも悪くはない


総じて、この映画版「容疑者Xの献身」が鑑賞後「面白かった」と思える最大の要素は その堤真一の演技によるところが大なのも事実だと思うのだが、あくまでも個人的な感想で言えば「堤真一」=「天才数学者」という設定が かつて「やまとなでしこ」というTVドラマでの設定と被り 妙にスンナリと映画版「容疑者Xの献身」の役柄に私が受け入れる事が出来なかったんだな。^^;


容疑者Xの献身

容疑者Xの献身

ただね、都会の孤独に疲れた男が 隣家の娘に声をかけられてみせた笑顔は おそらく、この映画内で堤がみせた唯一の笑顔であり、その演技と演出・構成は秀逸だと思う。


もし、この役を堤真一で見た後に、堤真一以外の他の役者が演じるとしたら… そう試しに考えた時、「この人」って思い浮かぶ役者さんがいないのも事実で それだけハマっているのに、「やまとなでしこ」を思い出している私はイレギュラーなんだろうね。


なので、総論を述べれば ひとつのオリジナル映画として見た場合、とても面白い映画だったと思っているが、個人的意見を言えば「雪山」のシーンは全く必要なかったと思うし、ラストの堤が演じた男が泣いた理由が 今ひとつ明確になっていない点に不満が残る。


と言うのは、この映画を見たある人が ラストの堤の泣いた理由が


容疑者Xの献身

「隣家の女に”一緒に罰を受けます”と言われたのが 自分の片思いを受け入れて貰ったと嬉しかったから」


という風に解釈をしたと聞いて「えぇッ?!」と私が思ったから。


このシーンは 私は隣家の女が自供しなければ 全てが天才数学者である男の計算通りに進むはずだったのに 女が余計な事を言い出したが故に その計算が崩壊してしまった瞬間なのだ だから、


容疑者Xの献身

「どうして?」


そういう風に解釈していた私は やっぱ、イレギュラーなのかな…^^




主な個人的「お気に入り」の出演者は


容疑者Xの献身

「堤真一」


容疑者Xの献身

「松雪泰子」


容疑者Xの献身

「福井博章」




ところで…


容疑者Xの献身

映画のエンドロールの中に「小松彩夏」の名前を見つけた。


そう言えば、TVドラマのスペシャル版「ガリレオΦ」では


ガリレオΦ

ガリレオの研究室の一員として登場していたっけ…


で、映画を見直してみると


容疑者Xの献身

いない。


なので、どの役で出演しているのか探してみた…


容疑者Xの献身

弁当屋の従業員だった。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『東野圭吾』関連の記事

コメント

泣いた理由が、一般的に「自分の想いが通じた」と解釈されているのなら、私もイレギュラーか?と心配になってきました。

>そういう風に解釈していた私は やっぱ、イレギュラーなのかな…^^

私も、ブタネコさんと同じ解釈でした。
石神の思いが、ドーンとくるシーンでしたね。

★ 大阪だい さん & 千尋 さん

>イレギュラー

案外、多いんですよ聞いてみると。^^;

「最後に思いが通じて感動しました」

なんて言ってるナースがいたので 小一時間説教しておきました。^^

ラスト、私もブタネコさんと同じ解釈でした。
それだからこそすごくグッと来たのですが。
他の解釈もあったんですね。
あと”天才数学者”で『やまとなでしこ』を思い出したのも同じでした!

★ まっさん さん

お、また新たな御同輩^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。