« 真冬の千歳空港♪ | TOPページへ | バレンタイン草加煎餅2009(その5) »

2009年03月02日

● 死にぞこないの青


2008年に公開された映画「死にぞこないの青」のDVDを入手したので見た。




死にぞこないの青


主人公である小学生の男の子が 何の変哲もない日々から、虐めの標的にされていく様は オカルトとは違う意味で心理的ホラーだと感じた。


原作者である「乙一」は こういうストーリーを得意としているだけに その辺は安定感さえ感じるが、逆に そんな社会や時代なのかと思うと それもそれで怖い。


私としては 乙一のストーリーと


死にぞこないの青

「谷村美月」が出演と言うだけで見たにすぎないのだが、内容はともかく


「こういう谷村美月の使い方だったのか…」


と、そっちの方に意表をつかれて戸惑った。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『谷村美月』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。