« 寅さんが旅したニッポン(大洲編) | TOPページへ | 世にも奇妙な物語 2009春の特別編 »

2009年03月31日

● ライスカレー DVD3巻


「ライスカレー」のDVD3巻(5・6話)




【注:この記事はネタバレが満載です。】


ライスカレー


ケン(時任三郎)とアキラ(陣内孝則)は秘かに知った二郎(北島三郎)の居場所へと向かうが…


ライスカレー


タッチの差で二郎達は何処かへと去った後。


ライスカレー

しかも、ボロ車とはいえ唯一の移動手段を失い 再びカナダの片田舎で途方に暮れるが…


ライスカレーライスカレー

街角で一人の日本人青年(中井貴一)と出会い窮地を脱する…


ライスカレー




この5・6話では アキラとケンの間に亀裂が入る。


たしかに、ここまでのアキラの行動はあまりにも楽天的であり その調子の良さも相俟って人物的に如何なものかと思わされる演出に応えた陣内の演技は見事。


ライスカレー


ゆえに、丸太小屋建設の仕事を続ける事に疑問を持ち そこから独り離れていく姿もアキラが単に飽きっぽい奴なんだと多くの人は理解し、対照的なケンに好感を抱きすらする。


ライスカレーライスカレー

ライスカレー


けど、私は巧く言い表せないのだが


「俺は 丸太の皮を剥く為にカナダに来たんじゃねぇ!!」


この時のアキラの台詞に説得力を感じたものだ。


オンタイム時、このドラマを見ていた友人・知人の殆どがアキラを典型的な我慢の利かない若者像だと言ってる中 私は一人、ケンよりアキラに共感していたのが思い出されて懐かしい。


ライスカレーライスカレー

ライスカレーライスカレー


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『ライスカレー』関連の記事

コメント

おはようございます.
こちらの東村山も,やっと桜がほころび始めました.
今は雨です….

OA時,このセリフは心に残っています.
言葉にし難い感覚ですが,アキラに一番共感します.


★ ゴーシュ さん

あぁ、ゴーシュさんもですか^^ 私だけじゃなかった…(ToT)


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。