« シリウスの道 | TOPページへ | Perfumeの気になる子ちゃん 第20回 »

2009年03月20日

● 落語娘


2008年に公開の映画「落語娘」のDVDを入手したので見た。




落語娘


主演は


落語娘

「ミムラ」


題名からして「落語」とあらば 落語好きの私としてはどんな話かと興味を抱いた。


落語娘

主人公は幼い頃のある出来事で落語家を目指す様になるが、女だからという理由で師匠達や他の弟子から疎外される日々を過ごす。


破天荒な落語家(津川雅彦)である師匠が ある日、TV番組の中でしくじり謹慎の身となり、そんな師匠は TVのプロデューサーの口車にのせられて高座で演じようとすると その噺家が死ぬと言われている「緋扇長屋」という噺を高座でやると言い出し、弟子である主人公は振り回される。




さて…


最近、TVドラマ「銭ゲバ」で久しぶりに「ミムラ」を見て 以前と少し変わった印象を受けたのだが、この映画におけるミムラは以前のままだった。


おそらくは一生懸命に噺の練習も積んだんだろうとは思う。


けど、


落語娘

この女優さんのナレーションがはるかに巧すぎて それにより、「あぁ、やっぱ まだまだだ」と感じざるを得なかった。


落語娘


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『コメディ』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。