« 銭ゲバ 第五話 | TOPページへ | 吉瀬美智子 in 恋のから騒ぎ♪ »

2009年02月15日

● バレンタイン草加煎餅2009(その1)


「バレンタイン・デー」 巷では年頃の娘が、男達に撒き餌をばらまく事が公然と許された日




しかしながら、現在のブタネコ家では バレンタイン・デーは いつ、「ブラッディ・バレンタイ」に変わっても不思議じゃない一触即発のデンジェラスな日。^^


昨年のバレンタイン時に 我が家の年頃の二人の娘それぞれに それなりの彼氏がいる事が判明した。


娘達は二人とも「場合によっては結婚」という気持ちが ささやかながらも在る様だ。


しかしながら、我が家は というか、父である私は 娘達が産まれてから今日に至るまで


「オマエ達を嫁に欲しいという男は この俺様を納得させねば、不幸が訪れると言っておけ」


と、躾けてきた事は これまでもいくつかの記事で述べた。


で、昨年のバレンタイン 娘達それぞれにそんな馬の骨が現れた事を知らされ、同時に嫁から



「成程。

 じゃぁ、俺が何をどうしようとも 俺の勝手だな?」


「好きにすれば?

 アナタだって、これに関してはなんだかんだ言って 最後には私が何を言っても聞く気なんか無いでしょ?

 存分に 好きな様に振る舞えば良いのよ」


飼い犬が飼い主から


「You やっちゃいなよ」^^


と、言われた瞬間だった。



というのが 昨年の顛末。


その後、何度か二人とも 彼氏を我が家に呼んで私と面談させようと試みたのだが、春から秋にかけて 私は暇さえあれば千歳空港か丘珠空港に撮影に出かけ、ともすれば松崎や鳩間島、九州などへと旅に出かけ…


その結果、私のスケジュールと咬み合わず会わせられないまま。


秋になり、私は体調を崩し 殆どを二代目開業医の病院の特別室で過ごし、たまに自宅に戻る事はあっても 私の身体の壊れているところが心臓なだけに


「変なショックを与えたら 親父ヤバイよ」


と、二代目に因果を含めて娘達に言わせたり、私の病室のドアにかかった


「絶対安静が必要の為、面会謝絶」


という札の余白に 私がマジックで


(特に、自称:娘の彼氏は この病室に入ったら生きて帰れると思うなよ!!


と、手書きした為か 娘達もおいそれと病室には連れて来れなかったのだろう…^^


この一年の間に 長女と次女 それぞれが付き合っている彼氏が 何処の誰で、どんな経歴や特技の持ち主で 家族関係がどうなのか?とか 調べるべき事は総て 気の弱い弁護士の配下の調査会社に調べさせてある。


が、私はそれぞれの娘本人から 事の次第を直接聞いた事が今までに一度も無いので、表向き 男達の事は全く知らない、いや、それ以上に 娘に彼氏がいる事自体全く知らないというポーズを保っている。


まぁ、第三者の方が 以上の様な私の状況を垣間見た時、私に対して底意地の悪さを感じても それはある意味、正しいと私も思う。^^;


けどね、それだけ私は真剣であり 気合いが入っているんだ…と、御承知おき願いたい。




さて… 先日の事。


珍しく、長女と次女が二人揃って私の病室に現れた時の事。


世間話をしている最中、いつも私がかけているPerfumeのCDが「Baby cruising Love」という曲になったのをキッカケに


「お? そういや、もうすぐバレンタインだな?

 どうなの? 今年は誰かチョコやる相手いるのかオマエ達は?」


すっとぼけて そう聞く私。


不意を突かれたのか 娘達はもじもじと黙っている。^^


やがて、CDは次の曲「チョコレイトディスコ」に変わる。

(そう、私は それを計算して 前の曲で話をふったのだ^^)


   計算する女の子

   期待している男の子

   ときめいている女の子

   気にしないふり男の子


   バレンタインが近づいて

   デパートの地下も揺れる

   計算する女の子

   期待している男の子


   お願い 想いが届く様にね

   とても心込めた甘いの

   お願い 想いが届く様にね

   対決の日が来た

   チョコレイト・ディスコ…


上の引用が「チョコレイト・ディスコ」の本当の歌詞


しかし、私は かねてより用意しておいた替え歌を さりげなく歌う。


   期待している男の子

   ときめいている女の子

   気にしないふりお父さん

   気になっているお父さん


   バレンタインが近づいて

   父親の心も揺れる

   気にしないふりお父さん

   気になっているお父さん


   お願い 想いが届く様にね

   とても心込めた親父の

   お願い 想いが届く様にね

   対決の日よ来い!

   チョコレイト・ディスコ…


最初は聞こえないふりをしていたが、やがて引きつる娘達を傍目に 私は心から楽しそうに歌った。♪


やがて、娘達は「バレンタイン」に関する話題に たぶん、意識して触れずに病室を後にした…


                                 (たぶん、その2に続く)





お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『バレンタイン煎餅』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。