« 銭ゲバ 第六話 | TOPページへ | P-3C in 千歳♪ »

2009年02月22日

● 対岸の彼女


2006年にWOWOWで放送されたドラマ「対岸の彼女」のDVDを入手したので見た。




対岸の彼女

原作は直木賞を受賞した角田光代の同名の著


以前、別の記事で述べた事だが 私は最近の直木賞に対して権威というモノを感じていない。


少なくとも 選考委員に林真理子と渡辺淳一なんてクズがいる限り、


「わぁ、直木賞なんだ 読まなきゃ…」


なんて気持ちにはなれず、だから この「対岸の彼女」の原作は読んでいない。


出演は


対岸の彼女

「夏川結衣」と「財前直見」が演じる現代と 


対岸の彼女

「多部未華子」と「石田未来」が演じる高校時代


その現代と今が重なり合う構成で ひとりの女性の今と昔を対比させる構成なのかな…




さて、映像の感想を述べれば…


自分で言うのもナンだけど 私にしてはとても珍しいミスをした。


というのは、映像を見終わってしばらく後まで 私は「夏川結衣」の高校生時代を「石田未来」が演じているのだとばかり思い込んでいたのだ。


で、この記事をまとめるにあたり ネットで検索していて「え?」と初めて「石田未来」は「財前直見」の高校生時代なのだと気がついた。


で、それに気づいて考え直してみると…


「私、@@@ちゃんと一緒にいると 何でも出来る様な気がするよ」


という台詞。


これは高校時代に「石田未来」が「多部未華子」に言う台詞であり、「財前直見」が「夏川結衣」から言われる台詞で ある種のキーワードなんだな。


だから、「石田未来」が「財前直見」の高校時代なのか、それとも「夏川結衣」の高校時代なのか誤解すると 全体の構造がガラッと変わるわけだ(当たり前)


「葵(アオイ)」という名前を 最初からちゃんと認識していれば こんな初歩的ミスなどしないで済むのだが、どうして私は勘違いをしたんだろう…


対岸の彼女

たぶん、それは映像の冒頭が「夏川結衣」だったからなんだ。


でね、子育て、仕事、嫁姑、旦那…


女性の視点から見たら それらの映像での描き方がとてもリアルに感じる人は少なく無いんだろうなぁ…と思うのだが、逆に「なんか違う」って感じた人も少なく無いんじゃなかろうか?


私は妻ではなく旦那の方の立場だし、ウチの嫁はこの映像の中の夏川結衣が演じた女性とは全く違うタイプなので なんか、説得力というかリアル感を感じない。


強いて言えば、少し前の時代ならこんな感じも多かった様な気がするが 今はちょっと違うんじゃない?…って風にだ。


だから、大変申し訳ないけど 私にはストーリー的には この映像は面白いと思えるモノでは無かった。


だが、ちょっと視点を変えて「多部未華子」ヒャッホイ的に見ると この映像は違って見える。


対岸の彼女

対岸の彼女

対岸の彼女

対岸の彼女

対岸の彼女

なんて言うかね「この娘、巧いなぁ…」と つくづく感じ入る事が出来たからだ。


ちなみに、

対岸の彼女

対岸の彼女

対岸の彼女

「夏川結衣」の旦那役に「堺雅人」


対岸の彼女

対岸の彼女

対岸の彼女

「石田未来」の母親役に「木村多江」が出演している。


対岸の彼女


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『多部未華子』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。