« お花の飛行機 | TOPページへ | 最近のCM(2月12日) »

2009年02月12日

● 世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版 DVD


「世界の中心で、愛をさけぶ」の舞台版DVDを ずいぶん前に入手していたのだが、今まで封も開けずに放っておいた。




世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版

このDVDを入手したのは ほぼ3年前の事。


私は 本当はこの舞台の岡山公演を生で見るはずだったのだが、いろんな理由でポカリスエットの企画による『SKY MESSAGE』を札幌で見る事の方を選択したわけで その選択は今でも間違っていないと確信している。

 参考時期:『雑感(8月19日)


その結果、舞台を見る事は出来なかったから DVD発売とほぼ同時に入手したのだが…


見ようか、どうしようか… なんか、迷っているウチに未開封状態のまま 机の上に放置して3年が過ぎた。


で、先日 ふと、気がむいて とうとう開封して見た。


世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版

「田中幸太朗」がサクで


世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版

「佐藤めぐみ」がアキ


二人とも個人的に「お気に入り」の役者さんなんで楽しみにしていたのだが、同時に 事前の設定で TV版や映画版とはずいぶん違う趣向だという事を知っていたので

 参考時期:『「世界の中心で、愛をさけぶ」舞台版


正直、一抹の不安も抱えていた。


世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版

世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版

世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版

世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版

世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版

世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版

世界の中心で、愛をさけぶ 舞台版


全体的にはなんとなくTV版より映画版に近いと感じたが TV版の美味しいトコも取り入れてもいる


けれども、TV版と映画版が私の中でそうであるように この舞台版もまた、全くの別モノだ。


内容的には「とよた真帆」と「升毅」がそれぞれ教師役で登場するシーンが鬱陶しく、全体的に楽しめるモノでは無かったが、「田中幸太朗」と「佐藤めぐみ」の二人に関しては充分に良かったと思うし堪能した。


特に、ラスト前に サクがアキの遺したテープを聴くシーンがあり、「佐藤めぐみ」によるモノローグが流れる。


このモノローグは 映画版の長澤まさみ、そしてTV版の「綾瀬はるか」と良い勝負をする出来だと私は感じた。


ゆえに、佐藤めぐみの今後に期待を抱く次第だ。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『世界の中心で愛を…』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。