« バレンタイン草加煎餅2009(その2) | TOPページへ | 映画版「ヤッターマン」ナビDVD »

2009年02月16日

● フライング★ラビッツ


映画「フライング★ラビッツ」のDVDを入手したので見た。




フライング★ラビッツ


飛行機好きの私としては

フライング★ラビッツ

お気に入りの「石原さとみ」が主演でCA姿まで拝める映画とくれば ありがたく拝見する他無い。


フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

フライング★ラビッツ

つまり、石原さとみPVとしては充分に申し分ない。^^


フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

フライング★ラビッツ

「真木よう子」も堪能出来たし、


フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

「白石美帆」も堪能出来たし、


フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

フライング★ラビッツ

「大杉漣」も味わえた上に…


フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

フライング★ラビッツ

「吉瀬美智子」まで。^^


総じてキャスティング的には 全く文句は無い。


で、内容的な事について感想を述べさせて頂くと…


フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

いくら私が「石原さとみ」ヒャッホイだからと言っても「バスケットボール」の しかもそれなりの選手役ってのは いくらなんでも無理だろう?^^;


もし、この映画の柱が社会人バスケットボールを描いているつもりなのだとしたら、その描き方といい、設定と言い、総てが論外としか言えない。


では、CAとしては?と視点を変えても 石原ヒャッホイとしてはコスプレ姿を楽しめても、飛行機ヲタとしては語る気すら失せる。


あくまでも私の勝手な想像だが、東宝&ANAが「綾瀬はるか」を用いてCAモノ映画を撮る事に対して 東映&JALが慌てて対抗した…みたいな つまらん構図が浮かんでしまう。


「ハッピーフライト」とこの「フライング★ラビッツ」を比較して語るつもりは無いが、一言、ANAの僅かながらの株主として言わせて貰えば


「ANAの方の株を買って良かった」


と、別な意味で納得出来た事に感謝を申し上げる。


ただね、この「フライング★ラビッツ」を見て「良かった」と心の底から思えた事もある。


それは


フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

フライング★ラビッツフライング★ラビッツ

フライング★ラビッツ

フライング★ラビッツ

「江本佑」が「坊主」役で出演している姿を見れた事。


これはねぇ… セカチュー症候群の発作が久々に起こる程、嬉しく、そして泣かせる映像だった。(ToT)


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『石原さとみ』関連の記事

コメント

「坊主」の画像 失礼ながら寝そべって拝読していた私の姿勢が正されました。

是非見てみようと思います、そし松崎に行きたくなりました。

UPありがとうございます^^。

★ けんしろう さん

ですよね、御気持ちお察し申し上げます。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。