« 純喫茶磯辺 DVD再見 | TOPページへ | フィッツジェラルド in 小樽♪ »

2009年02月09日

● 警官の血


二日に分けて放送されたドラマ「警官の血」について前・後編合わせて語る。




警官の血警官の血


警官の血警官の血

警官の血警官の血

警官の血警官の血

よもや、「尾野真千子」の姿を拝めるとは思ってなかったので これは嬉しい誤算。


しかも、


警官の血警官の血

「田中圭」まで拝め…


警官の血

二人が恋人役とはね。^^


警官の血警官の血

警官の血警官の血

「貫地谷しほり」のナース姿も拝めたし、とりあえずは祝着至極。




内容的な事はともかく…


警官の血

初代「江口洋介」


警官の血

二代「吉岡秀隆」


警官の血

三代「伊藤英明」


この親子三代の警察官を演じた3人のキャスティング 本当にこれで良かったのかね?


奇しくもフジ系で医者役を演じ それぞれ、なかなかハマっていたと思える3人


それが、今度は親子三代の警察官…


まぁ、特に初代と二代目を演じた二人の役者は芸達者だから それぞれの演技についてケチをつける気は無い。


私が言いたい事は「組み合わせ」という部分で 朝日系が他局の事まで気にする必要は無いと考えようが、見る側は朝日系だけを見ているわけでは無いのだから、間接的に派生する印象とかは考えないのかね?と 疑問を抱く。


ついでに言えば


警官の血

「佐藤浩市」のマル暴刑事ってのも 現在公開中の映画との兼ね合いとかもね。^^


違った視点で言えば、椎名桔平より体格が良い江口が首の骨を折られるとか…、ラストの椎名桔平の老け具合とか… 


なんか、ザラザラした違和感を覚えた。




さて…


内容に関して2日続けて全編を通して見た感想を述べようと思うのだが…


警官の血

『戦後60年に渡る警官三代を描いた大河ミステリー』


ちょっと興味があって このドラマの公式サイトを覗いてみたら 上記のような能書きが書かれてあった。


古い言い方を用いれば、「ちゃんちゃらおかしい」


犯人は初めから判っており、謎解きの要素は何も無い。


なのに、ミステリーだと自ら呼ぶ、その厚顔さに呆れるばかりだ。


百歩譲って「警官三代を描いた大河」という部分は認めても良いとは思う。


けどね…


ネット上で見かけた毎日新聞系の記事を紹介してみるので御一読願いたい。


観たい:テレビ朝日開局50周年記念ドラマスペシャル「警官の血」

 ◇一家の光と影に「戦後」

 親・子・孫と一家3代の物語を書けば時代の叙事詩となる。日本の戦後約60年は一体、どんな時代だったのか。3代続けて警察官となった男たちの光と影が、歴史の暗部を照らし、この国のゆがみを浮かび上がらせる。佐々木譲の長編ミステリー「警官の血」がドラマ化され、7、8日の2夜連続約5時間にわたり、午後9時からテレビ朝日系で放送される。【網谷隆司郎】

 「私自身、この小説を書きながら、映像化は絶対無理と確信していた。60年にわたる男たちの地味な話なので。でも台本を読んでウオッと驚いた。原作のダイジェストでなく、原作のいいところを抽出して、3代の家族のドラマになっていた。厚みが増し説得力が加わった」と作家自身が語る。

 ■親子3代の正義

 街の人たちを守る交番勤務を志し、正義を追求した安城家の親子3代の警察官の物語。戦前世代、団塊の世代、団塊ジュニアという位置づけで、多くの人が自分たちの家族の来し方と重ねて、60年の月日を振り返る仕掛けだ。

 ドラマでは、江口洋介、吉岡秀隆、伊藤英明が3代をリレーする。

 敗戦後、復員してきた男たちが食うための仕事として警察官を選ぶ。安城清二(江口)は愛される駐在さんとして東京・谷中で勤務していたが、近くの谷中天王寺の五重塔が炎上した際、謎の死を遂げた。同期で警視庁公安刑事のエリートとなった早瀬勇三(椎名桔平)が、その謎に深くかかわり、息子で2代目となる民雄(吉岡)、3代目の和也(伊藤)が父の、祖父の死の真相を早瀬から探ろうと暗闘が続く。

 ■昭和のにおい

 原作を脚色しドラマの脚本も書いた鶴橋康夫監督が言う。「3代が生きた昭和のにおいを忠実に出そうとした。ところが東京には戦後がない。ロングで撮れるところがない。勢い、九州、四国、北海道などに戦後の面影のある建物や広場を探して足掛け3カ月、異例の全国各地での撮影となりました」

 昭和のにおいは人物描写にも。3%しか生還しなかったというレイテ島派遣隊の生き残りである早瀬に戦争による深い心の傷を感じさせる一方、貧しい戦後社会でたくましく生きる男女の姿を生々しく描く。上野公園での男娼(だんしょう)、街娼といった戦後風俗が官能的に描写され、夫婦間の暴力やヤクザ社会の実態など、最近のテレビではとかく敬遠されがちな猥雑(わいざつ)で危ない場面が迫力ある映像で続く。鶴橋監督得意の情念世界、エロスと死がこれでもかというくらい展開される。

 2代目警官の民雄は過激派学生集団にスパイとして潜入するため北大に入学させられ、赤軍派の革命運動を未然に阻止するが、友を裏切るスパイ行為が精神を切り刻む。

 3代目警官の和也は、暴力団担当のベテラン刑事(佐藤浩市)の癒着を暴く内部スパイを命じられる。証拠をつかむためには手段を選ばぬ冷たい男になったが、鶴橋監督は原作にないクラブホステス(寺島しのぶ)を登場させ、和也との今後の仲を予感させる余韻ある終幕にした。

 「このドラマは、小さな家族の大きな物語です。警官の血は日本人の血でもあるし、私の血でもある。それにしても、日本人というのは個人も国家も謝罪、謝るのが下手だなあ。戦地の極限状況で美少年に裏切られて殺してしまう経験を持つ早瀬に誰が謝ったか。あの戦争は侵略戦争でなかったという人物まで最近出てきたし」と鶴橋監督は、日本人の血に複雑な思いを吐露する。

 木村佳乃、貫地谷しほり、栗山千明、奥田瑛二、榎木孝明、高橋克典、伊武雅刀、麻生祐未、浅田美代子ら150人もの俳優が出演する大河ミステリー。登場人物の誰かに自分と似た影を見いだすことができそうだ。

毎日新聞 2009年2月2日 東京夕刊

毎日新聞 2009年2月2日 東京夕刊』より




この記事を書いた人は 果たして、このドラマの映像を見たのであろうか?


映像は見ずに書いたのだとすれば天下の大新聞にはあるまじき行為だから、試写を見たのであろうと信じたい。


が、ちゃんと映像を見たのだとすれば 書いた内容の誤りに気づかないアホと罵る他無い。


何がどう誤っているのかは このドラマを見た人なら、一つならず気づかれているはずなので ここでいちいち指摘はせずにおくが、重要な事は上記引用の記事は2月2日付である事に注目して欲しい。


つまり、天下の毎日新聞は 放送の約1週間も前に大いなるネタバレをしでかしている…という点。


誰が犯人なのか? その動機は? 親切丁寧に御解説下さっている。


これは毎日系による朝日系への嫌がらせなのか? 思わず、そう思ってしまう程だ。^^


私は このドラマの原作を読んでいないので 原作に関わる事への感想や意見を述べる資格が無い。


ゆえに、以下に述べる事は あくまでも映像化されたドラマに限っての話なのだが…


原作者は上記引用の中で


「私自身、この小説を書きながら、映像化は絶対無理と確信していた。60年にわたる男たちの地味な話なので。でも台本を読んでウオッと驚いた。原作のダイジェストでなく、原作のいいところを抽出して、3代の家族のドラマになっていた。厚みが増し説得力が加わった」


と、述べたと記述されている。


だとすれば、原作は このドラマで描かれたものより「薄っぺら」で「説得力に欠ける」事を原作者が自ら認めている事になるわけで それならばそんな駄作を読む必要は無いと思う他無い。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『尾野真千子』関連の記事

コメント

むう、尾野真千子が出てたのか・・・

そこだけで良いから見ときゃよかった・・・

★ うごるあ さん

そこだけですからね見どころは^^

私は原作のファンですが、原作を読んでからドラマを見ると、より原作への理解が深まって違和感のようなものは感じないとおもいます。江口洋介さんが首を折られるのも、(椎名さんの役についての描写が詳しいので)ブタネコさんのおっしゃるようなことはないと思います。確かに椎名さんの老けメイクは、もう少し頑張って欲しかったですが、彼の演技はそれをも呑み込むものだったと思います。レイテ島での回想シーンも、彼が殺人に走るまでのプロローグ的な役割をしていて、よかったと思います。これから、椎名さんに注目していきたいとも感じました。また、一代目が亡くなり息子が警笛を吹くシーンは(こうやって、警官の血が受け継がれていくのだ)という何ともいえない感慨を覚えました。私はまだ中学生ですし、女なのでブタネコさんと考えが違うのは当然かと思いますが、あくまでも原作ファンの意見として、投稿をお許し下さい。

★ NYARO さん

はじめまして、コメントありがとうございました。^^

>原作を読んでからドラマを見ると、より原作への理解が深まって違和感のようなものは感じないとおもいます

ほぅ、そうですか…

小説を映像化した場合、原作のファンが映像の出来に怒るケースが殆どの中 NYAROさんのコメントは その真逆でとても興味深いですね。^^

では、暇を見つけて原作を読んでみようかな…とも思うのですが、


>より原作への理解が深まって違和感のようなものは感じないとおもいます。

と言う事は、映像を見ないと原作だけでは やはり薄っぺらなところがあるという事ですね


ブタネコさん、わざわざコメントしてくださってありがとうございます。私の前回のコメントに少し語弊があったようなので補足をさせていただきたいと思います。私が主に映像で理解を深めたのは、椎名さん演じる早瀬のレイテ島での経験です。私は戦争からかなり遠ざかってしまっている世代なので、原作中でレイテ島と聞いてもイマイチ、ピンとくるものがなかったのです。それが今回のドラマで、視覚的に確認できたことに意義を感じたのです。
 話は変わりますが、普段からブタネコさんのブログは拝見しております。私は、貫地谷しほりさんと田中圭さんと松重豊さんのファンなので更新をいつも楽しみにしております。またコメントさせていただくことがあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

★ NYARO さん


レスありがとうございます。^^

私は怒っているわけでも、不快に思っているわけでもありません。

折角なので、頂戴したレスに基づき もう少しだけ私も補足させて頂こうと思いますが、どうか気を悪くされません様に…

まず、NYAROさんは中学生の女の子と伺い 差し出がましいと思いつつ申し上げますと、今の学校の教育では戦争の事をちゃんと教えては貰えません。

中には、思想的に偏った教師による洗脳教育まがいの授業があったりもして 私はかねがねそこに危惧しています。

私は軍国賛美をするつもりも、右傾化思想を押しつける気もありません。

ただ、事実を知る… そこに徹して欲しいと願うばかりです。

で、いみじくも頂戴したレスに

>原作中でレイテ島と聞いてもイマイチ、ピンとくるものがなかったのです。

とありましたが、これは中学生に限らず 今の大人ですらピンとくる人は少ないですから仕方がないし気にする必要もありません。

ただ、私なりに一言御注意申し上げたいのは この「警官の血」というドラマの中で描かれたレイテ島のエピソードは 限りなくフィクションに近いレアケースであり、それをドラマ的に大きく脚色したもの

ベースになったエピソードはもしかしたらあったのかもしれないけれども それを題材に扱うには それなりに慎重に描くべきものです。

にも関わらず、それを映像内のエピソードとして実際にあった様に描き、それを根拠に殺人を行った事を詫びない言い訳にすらしてしまう… それが原作内にも用いられているのであれば この原作者は興味本位に描くアホとしか言えず、今回の様に 何も知らなかったNYAROさんの知識の中に「レイテでは…」という風に擦り込まれてしまうのを良しとするドラマの制作者には 私は反感すら覚えますし、本文内で引用した原作者のコメントで


『厚みが増し説得力が加わった』


と作家自身が語った部分に もし、件のレイテ島も含まれているのであれば そんなモノをわざわざ購入して読む価値は無い…というのが 前回の私からNYAROさんへのレスの本意です。


貫地谷しほり、田中圭、松重豊…


特に、松重豊を推すあたり渋いですね。^^


今後も どうかよろしくお願い申し上げます。


ブタネコさん、お久しぶりです。ブタネコさんのご意見を受けて、小学校で受けた戦争についての授業を思い起こしてみましたが、確かにあまり充実した内容ではなっかたように思われます。私は比較的戦争に興味がああたので、小学校の図書室の戦争関連の本は大抵読んでいました。ですが、蔵書が乏しくレイテ島に関する本はなかったのです。それが前のコメントにも書いたように、「ピンとこない」につながったのかなあと思います。今後とも戦争に関する本は読み続けていきたいと思いますし、あのドラマはレイテ島について知るきっかけ程度に考えていますので、ご安心ください。

★ NYARO さん

安心しました。^^

山岡荘八:著『小説太平洋戦争』は読まれましたか?
もし、未読ならばお薦めします 御一考頂ければ幸いです。

ちなみに、私も「警官の血」の上巻だけとりあえず買ってきて半分まで読みました。^^


それと、最初にコメントを下さった記事には 内容の関連性が無かったので管理人権限で付け替えさせていただきました事を御了解下さい。

で、末尾にあったお問い合わせの件は 諸般の自由により公開上ではお応えが出来ませんので御容赦願います。^^;

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。