« お弁当 | TOPページへ | 米屋の息子のE »

2009年01月29日

● 蛇にピアス


2008年公開の映画「蛇にピアス」のDVDを入手したので見た。




ちなみに、この映画はR-15指定


同窓会

蜷川幸雄なんてアホが監督なので 見る前から全く期待していなかったのだが…


腹が立つのを通り越し、悲しくなってしまう程のクソ映画


おそらく、ここ数年 間違って見てしまったブタネコ的ワースト映画なんてランキングをまとめたら間違い無くベスト3に入る駄作


同窓会

同窓会

同窓会


他人に言わせりゃ


1000円ちょっとで「吉高由里子」のおっぱいが拝めたと思えばいいじゃん。


という慰め方があるらしいが、私のポリシーとしてはチラリズムに美学があるのであってモロに「はい、どうぞ」って見せられても嬉しくもなんともない。


あ、そうそう…

同窓会

「小栗旬」と「藤原竜也」が チンピラ役で出演していた。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『吉高由里子』関連の記事

コメント

この監督はきっと、普通の人から奇異に見えることをするのがカッコいいという、粋がる中高生と同じ価値観なのではないかと、居酒屋で二人の男が裸でピアスやタトゥーを見せ合っている場面を見て思いました。

★ うごるあ さん

>粋がる中高生と同じ価値観

たしかに、そんな感じがしますね^^

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。