« 天地人 | TOPページへ | 綾瀬はるか in HERO 総論 »

2009年01月03日

● チェーン・ポイズン


本多孝好の新刊「チェーン・ポイズン」買ってきて読んだ。




チェーン・ポイズン

講談社:刊 本多孝好:著 ISBN978-4-06-215130-6


この本を読了して まず、思った事は「本多孝好の作風が変わったのかな?」って事。


前作「正義のミカタ」は それまでの彼の作風とは大きく違っていた。


それが一時的なものなのか否かは次作を読んでみて判断しようと思っていただけに、この「チェーン・ポイズン」を読んで 今度こそ、そう思った。


だからといって、この本が駄作だとは思わない。


最近の東野圭吾に比べたら よほど、こちらの方が文章表現に仕掛けられたトリックが見事にミステリーとして成立している。


ただ、前作の「正義のミカタ」ほどでは無いのだが、「MOMENTO」や「FINE DAYS」で味合わされた読後の余韻が無いんだな…


少なくてもコーヒー一杯分 ついでに、タバコが2本ぶん 読後に、何かを思い出したり妄想に耽る余韻を味合わされるのが 私にとって本多孝好の最大の魅力だったのだが、それがこの本からは感じ難かった。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『本多孝好』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。