« Perfumeの気になる子ちゃん 第13回 | TOPページへ | とある、ひと夏の経験(後編) »

2009年01月31日

● 誰も守れない


先日、フジ系で放送されたドラマ「誰も守れない」を録画していたので見た。




誰も守れない

このドラマは映画「誰も守ってくれない」のサイドストーリー 映画での物語の4ヶ月前という設定のドラマ


個人的な考えを言えば、私は主役設定の女の子が好きじゃないので映画「誰も守ってくれない」を映画館に見に行くつもりは全く無い。


なので、こんなTV版サイドストーリーが放送されるのも知らなかった。


で、見た感想を述べると…


犯人がいとも簡単に見つかってしまう成り行きに唖然とするばかりで このドラマが何を描きたいのか判らない。


まぁ、百歩譲って 映画版における佐藤浩市が演じる刑事の内面を肉付けする…といういとなのかな?とは思うのだが、もし そのために作られたのだとしたら 映画はそれだけ物足りないと最初から言ってる様なもの


ゆえに、DVDが出たら見るだろうけど 映画館に行こうとは思わない。


誰も守れない

「大杉漣」


誰も守れない

「上原美佐」


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『上原美佐』関連の記事

【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。