« 蒼い瞳とニュアージュ | TOPページへ | あんみつ姫2 »

2009年01月11日

● コード・ブルー 新春スペシャル


TVドラマ「コード・ブルー」の新春スペシャルを見た。




コード・ブルー


新年早々、個人的にお気に入りの役者が出演しているドラマが見れるのは嬉しい。


コード・ブルー

「新垣結衣」


コード・ブルー

「戸田恵梨香」


コード・ブルー

「寺島進」


それと、


コード・ブルー

「西田尚美」が 子供と共に事故に遭った主婦役で出演していた。




さて、このドラマに関しては TVシリーズ放映時の感想で、内容に関して個人感的苦言を呈した。


ゆえに、内容的な部分に関しては期待もしていないし 予想通り、物語の基本設定がクソすぎる。


思うに、救命救急の医師を志す若者達の青春群像劇…だけのストーリでは ドラマとして成立しないのかね?


もっとも、それだけに限って言えば かつての「救命病棟24時」とカブりすぎてつまんない…って事になるのかね。


救命救急…という部分に ドクター・ヘリを持ち込むのはアイデアなのかもしれないが、本来 もっと発展・充実していいはずのドクター・ヘリがなかなか拡張しないのは何故なんだろう?…って事等をストーリーに加味出来ないのであれば 現実世界でドクター・ヘリに関わる人達の足を引っ張るだけの事。


コード・ブルー

現場に赴いた医師が怪我をする… あってはならない事だが、たしかに起こりうる事ではある。


けれども、単にドラマを盛り上げるだけのアイテムにしか利用しないのであれば このドラマそのものの制作意図は意味が無い。


例えば、フェローとして登場する4人の若い医師達。


ドラマ内で明確に年齢が描かれた事は無いが、彼らを指して「年齢が若すぎる」という批判が いろんなドラマサイトで発言されているのを よく耳目にし、実は 私もそう思っている。


仮に、彼らがどんなに優秀だったとしても 医師の様な職業には「経験」という要素は重要であり、いきなり尻の青そうなガキが医師面で目の前に現れた時、アナタは素直に信頼出来ますか?


コード・ブルー

大規模災害時のトリアージにより、場合によっては「見捨てられる患者」が生じるのは現実として残念だがあり得る事。


しかしながら、今まで この国ではそう言う部分が表立って知られる機会は少なく、しかも いざ現実で身内や知人が目の前で遭遇した場合に冷静でいられる可能性は高くない。


経験する事は重要だし必要な事ではあるが、このドラマ内の状況では はるかに能力や経験値が上とおもわれる「りょう」が演じる女医がいる以上、最終的な移送の順番決めなどを「新垣結衣」が演じた若い医師だけに委ねる…というのは「どうせドラマだからね」みたいな納得の仕方じゃないと無理がありすぎる。


だからね、このドラマの制作者に問いたいのは 結局、青春群像劇を描こうとして、医師の苦労や、救命救急の実情や、ドクターヘリの問題などを全く無視したリアリティの無さに呆れ果てる…という事だ。


コード・ブルーコード・ブルー

唯一、単純に演技として巧かったと感じたのは 新垣結衣がエレベーターないで見せた姿だけ


それ以外、特に物語や設定は 回を増す毎に噴飯物である。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『新垣結衣』関連の記事

コメント

この放送があった深夜に「ヘリコプターを私にください」というドクターヘリのドキュメンタリー番組の再放送をやってましたが、このドキュメンタリー番組は1時間番組にもかかわらず、ドラマがレギュラーの時から何時間もかけてきた内容よりはるかにドクターヘリの現状を伝えていました。

恐らくあれでも現状のほんの一部でしかないんでしょう。でも、ああ、こんなにドクターヘリの存続って大変なんだってわかりました。ドラマを観てても全く感じられなかったことです。

しかし私がこのドキュメンタリーを知ったのは今回深夜の再放送を「たまたま」観れただけで、たまたま観なければその存在を知らなかったと思います。

本当にドクターヘリの存在を世に知らしめたいのなら何故こういう番組をゴールデンにもってこれないのか。

じゃなければ、山Pやガッキーの人気に頼っても良い。(実際私もガッキーが出てたから見たようなものだし)
その結果、フェローが若すぎても良い。その人気を利用してドクターヘリの現状を伝えるのが本来じゃないんでしょうか。

結局このスペシャルの内容って最終話のトンネル事故と変わらないよね。

最後山Pが「別れが人を強くする」って、そうかも知れないけど、ドクターヘリはどこへいっちゃったの?

★ うごるあ さん

そのドキュメンタリーを私も見ました。

同じ系列で こうも見事にチグハグなものを恥ずかしくもなく作れるな…と呆れております。

報道と、ドラマ制作の違いと言われればそれまでなんですが。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。