« Perfume in Wednesday J☆POP♪ | TOPページへ | 風のガーデン 最終話 »

2008年12月18日

● よみがえる空


アニメ「よみがえる空」のDVD全7巻を入手したので見た。




よみがえる空

先日、『空へ~救いの翼~ Rescue Wings』という映画に関して記事を掲示したのだが、このアニメは その映画の原作にあたるらしい。


だが、航空自衛隊の小松救難団をモチーフにしたストーリーという意味では原作と言えるのかもしれないが、登場人物は殆ど違い 別の物語という感が強い。


しかしながら、このアニメはアニメでなかなか良い出来だと私は思う。


特に、自衛官の多くが味わう悲哀とでもいうべき内面がよく描かれていると感じたからだ。


以前、いくつかの記事でも述べた事だが 私はいわゆる軍人家系の家に生まれ育った経緯がある。


父は自衛隊を定年退官まで勤め上げ、祖父や叔父は帝国軍人として出征し何人かは戦没している。


嫁の実家も似た様なものだし、義弟は現職の自衛官… 私も大学進学の際に 進路の選択肢のひとつに防衛大学や航空学生があったけど、残念にもそれらには身体適性で不合格になったのと、運良く とある大学に合格した事もあって今日に至るけど もし合格していれば間違い無く違った人生を歩んでいたのは間違い無い。


だから、私の考えや意見は ともすればいろんな面において自衛隊擁護となるのだが、この国の 特にマスコミや識者の論調とを比べられると 自衛隊を擁護するだけで私はかなりの右寄り思想と受け止められるのが不思議でならないのだが、まぁ、そんな事はどうでもいい。


私が子供で自衛隊官舎で暮らしていた頃と最近とでは 自衛隊に対する考えや受け止め方は大きくと言って良い程変わったが、それでも 一般人が自衛隊の事をちゃんと知っているのか?と言えば今でも私は疑問を感じている。


もちろん、そうなった原因には自衛隊関係者側にも問題はある。


例えば、防衛秘という事で隊員は家族にすら自分の職務上で知り得た秘密を漏らす事は出来ないのだが、何処までが秘密で 何処までが話して良い事か否かの境界線はとても曖昧となる事から、殆どの場合喋らない。


その結果、自衛隊は良い意味でも悪い意味でも隊外に対して閉鎖的に映る。


基本的には 自衛隊=軍隊だと私も思っている。


しかしながら、自衛隊の存在意義は「戦争の為」だけでは無く「国防」であり、「国防」とは「他国との戦争」という意味だけではない。


でも、自衛隊=軍隊=戦争という関連だけで批判を叫び続けている方は大勢存在し、「国防」の意味を考えようとしていなかったり、誤解しているのが目に余る。


だからこそ、救難団の様な部隊の存在 その活動をもっと一般に知って貰う事で 多少なりとも誤解が減り、存在意義について再考するキッカケになればいいな…と思う。


よみがえる空


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『自衛隊』関連の記事

コメント

嫁の実家も似た様なものだし、義弟は現職の自衛官… 私も大学進学の際に 進路の選択肢のひとつに防衛大学や航空学生があったけど、残念にもそれらには身体適性で不合格になったのと、運良く とある大学に合格した事もあって今日に至るけど もし合格していれば間違い無く違った人生を歩んでいたのは間違い無い。>
そうだったんですか。もし海自航空学生に進まれていたら私の先輩になられていたかもしれなかったのですか。「身体適性で不合格になった」そうですが、入院されている病気と関係があったのでしょうか。私の同期は不整脈があったらしいのですが、身体検査で見落とされたため江田島で30分程心肺停止状態になり未だ自衛隊中央病院に入院しています。もし「身体適性で不合格になった」理由が心臓に関わることだったなら、私の同期のような事態に遭われず何よりです。私の同期は新婚早々このような事態に見舞われました。くれぐれもお体をお大事に。

★ zippotaka さん

>身体適性で不合格

お察しの通りです。

高校まで何の違和感もなく野球を部活でしていたので これはとてもショックでした。^^


>不整脈

同期の方のお話しを伺い、もし あの時、私が見落とされて合格していたならば 同様だったんじゃないかと思います。

そう考えれば、その時に不合格となり 病気に気がつけて私は幸せだったのだとあらためて思いました。


コメント本当にありがとうございました。

「空へ」DVD、4月24日発売決定(http://blog.livedoor.jp/yomisora/)だそうです。自分は航空自衛隊PVとしては気に入ったので予約しました。
ところで、私の同期は脳に障害が残った為未だに寝たきりです。以前、呉に見舞いに行った時に担当医やご家族の方、その場に居合わせた同期から状況を聞いたときには元気な彼の元気な姿を知っていたためなんともやりきれない思いをしたものです。
余計なお世話かもしれませんがブタネコさんは私の同期とは違い子宝にも恵まれ、もしかしたらお孫さんをその手に抱かれることになるかも知れませんので無理をなされないように。それと航空機画像を楽しみにしていますのでお体に差し障りの無い範囲で写真を撮りに各地を旅して下さい。

★ zippotaka さん

DVD 私も既に予約しました。^^

今から届くのが楽しみで仕方がありません。


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。