« クライマーズ・ハイ DVD再見 | TOPページへ | 2008年最後の最近のCM(12月31日) »

2008年12月31日

● 虎馬さんへのお歳暮^^


虎馬さんの記事に応えてみようと思う。




ちょっと判りづらいかもしれないが…


松崎

上の写真は 松崎周辺を飛行機の中から撮影したモノ


そして、


夢島

上の写真は 夢島を飛行機の中から撮影したモノ


私は飛行機の窓から地上の景色を眺めるのが大好きで その為に、飛行機に乗る時は絶対に窓側、しかも その時に乗る路線の航空路を考慮して右側か左側かも徹底的にこだわる。


その上で、天気に恵まれて身に覚えのある場所を念願通りに見下ろせた時は その時の飛行機代など充分に元を取れたと満足する。


また、時々 天候のイタズラなどにより、通常のルートから大きく外れて 思いがけない場所が見下ろせた時は どんなに飛行機がグラグラ揺れていたり、着陸待ちで延着になっても その幸運に感謝する。


さて、私はセカチュー症候群である。


ゆえに、松崎、夢島、百瀬駅は 私にとって3大聖地と崇めている。


で、上の写真を御覧の通り 松崎と夢島はこれまでに何度か機窓から眺める事が出来たのだが、百瀬駅に関しては未だに成功していない。


というか、正直に言えば機窓から見えるとは 実は思っていなかった。


ところが、今年の8月末 ピエロ氏とAndrew氏を脅迫し房総半島暴走の旅に付き合わせた時の事、百瀬駅で写真を撮っていて 頭上を何機も航空機が飛ぶのを見上げていて「あれ?」と思った。


飛行機

上の写真は その時に百瀬駅のホームから上空を飛び去る飛行機を撮影したモノ


この独特な黄色の機体は


千歳空港

ポケモンジェットと呼ばれる747


そこで、あらためて調べてみると


羽田フライトルート

(上の画像内の赤いX印が 大凡の百瀬駅の場所)


そう、北海道在住の私には少々厳しい航空路だが、百瀬駅も充分に見下ろせる可能性がある事に初めて気がついた。


が、この辺は海岸線の様に目安となる地形が無いに等しく 強いて言えば線路か道路なのだが、今までの個人的経験で言えば 房総半島の中央部は低い雲がたちこめているケースが常なので 見下ろす事は相当、難易度が高いと言わざるを得ない。


でもね、可能性があると判った以上 私は挑む。^^


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『メモ』関連の記事

コメント

私は伊丹・関西から羽田への航路を利用するので房総半島横断ルートはよく通りますが古い単線の線路ということで周りの風景と完全に同化しており百瀬駅の特定には至っておりません。
高速道路のような新しい道路があれば見つけやすいでしょうが…。

お歳暮 確かに受け取りました^^;


飛行ルート表なるもの 初めて見ました!

なるほど 百瀬駅の空撮は 不可能ではないように思えます。

海岸線に頼れないのは辛いですが

素人目には ゴルフ場や高滝湖あたりが 目印になりそうな気もします。


来年の楽しみが増えました^^;

★ はちはちまる さん

ですよね… 


★ 虎馬 さん

ゴルフ場がね いっぱいありすぎて^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。