« 2008年最後の最近のCM(12月31日) | TOPページへ | 大晦日に寄せて… »

2008年12月31日

● Perfume in 日本レコード大賞♪


Perfumeが「日本レコード大賞」に出演しているのを見た。




日本レコード大賞

ここ10年以上、このての番組は小馬鹿にして見てこなかった。


日本レコード大賞

しかしながら、Perfumeが出演するとあっては話は別、見なきゃならん。


日本レコード大賞日本レコード大賞

日本レコード大賞日本レコード大賞

日本レコード大賞日本レコード大賞

日本レコード大賞日本レコード大賞

今更、賞を取っただなんだって事は Perfumeにとってどうでも良い事だろう…なんて思っていたが、いざ、番組を見ていたら 9年も頑張ってきたんだからこれぐらいの賞の一つや二つ「御苦労さん」って意味でも ひとつの記念という意味でも良いだろう…と思いが変わり、案外、あ~ちゃんあたりが泣き出すんじゃないか?…なんて想像したりしたのだが、ごく普通に歌って踊る姿に「さすがプロ!」と違った意味で感動する。


しかしながら、やっぱ何か感じるものがあったのかな…


ポリリズムのラストで 見ていても「あ、やっちゃったか?」と判るぐらいに あ~ちゃんだけ踊りが違い、曲が終わった後に謝る声を聞いて 泣かぬまでも、やっぱ あ~ちゃん心が揺れてたなと思い ついつい涙ぐむ私。


歌番組を見ながら涙ぐむ私を 娘二人は怪訝な顔で見つめ


「どうしたの?」


なんて聞いている。^^;


そんな時、ふと30年前の事を思い出す。


日本レコード大賞

その年にレコード大賞を受賞したのは「勝手にしやがれ」の沢田研二だったのだが、その受賞の瞬間に


「ふざけんな、バカヤロウ!! 大賞は石川さゆりだろうが!!」


と、カンカンに しかも泣きながらTVに向かって怒る父に 私と妹がビックリして何も言えなかった時の事を思い出した。


そう、その年 石川さゆりは「津軽海峡・冬景色」を歌っており、2番の歌詞の冒頭に竜飛岬が歌われている事もあって 私の父にとってはその後、亡くなるまでずっとテーマソングとでも言うべき心の歌だったのだ。


で、あらためて考えてみると、その時の私の父の歳と 今の私の歳は変わらない。


親父は石川さゆりで涙を流し、息子である私はPerfumeで涙を流す。


不思議な巡り合わせにDNAを強く感じた。


だから、私は怪訝な顔で私を見つめる娘達に


「オマエ達も50歳になったらきっと判るよ そういう遺伝子なんだウチの家系は」


と、優しく微笑みながら言ったのだが…


「ママぁ、お父さん また壊れたぁ」


長女と次女が安田姉妹並みのハーモニーで台所の嫁を呼んでいたのを呆然と眺める私だった。(ToT)


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『家庭内事情』関連の記事

コメント

やっぱりあ~ちゃんは、おじさんの心を天然で鷲摑みです。

何回観ても、武道館LIVEアンコールのあ~ちゃんに涙です。(もう嫁さんや娘も気がついているみたいですがなにも言いません)

歳とっても、感動できるのは最高です。

年始は、紅白のPerfume見おわったら、3KMくらいはなれ神社へ家族で歩いてお参りに行く予定です。

激動の2008年(わたし信用金庫に勤めているので大変でした。)最後にいいBLOGに出会えて良かったです。

来年はもっと大変な年になります。せめて家族仲良く、そしてPerfumeが楽しめたらと思っています。

★ みーにゃん さん

よいお年を^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。