« I LOVE YOU | TOPページへ | SCANDAL »

2008年12月22日

● パンドラ DVD再見


今年(2008年)の春にW○W○Wで放送されていたドラマ「パンドラ」のDVDが出たので購入して見た。




パンドラ


このドラマは まず、キャスティングが豊富。


パンドラ

主人公は「三上博史」 彼は18年間大学の医学部で新薬開発に没頭してきた男


パンドラ

主人公と同じ大学病院の外科医に「小西真奈美」


パンドラ

主人公の上司的存在である医学部長に「國村隼」


パンドラ

「國村隼」の秘書に「上原美佐」


パンドラ

主人公と7年前に離婚した前妻に「吉瀬美智子」


パンドラ

末期癌患者で 主人公が開発した新薬の治験者となる女の子に「谷村美月」


パンドラ

殺人事件の容疑者として「谷村美月」を追う刑事役に「柳葉敏郎」


パンドラ

主人公が開発した新薬の権利を狙う製薬会社の御曹司役に「平田満」等々…




このドラマは基本的にサスペンス仕立てで 主人公が開発した癌の特効薬の利権を巡り、同じ大学の医者や、製薬会社や、政治家などが入り乱れていく人間模様を描いている。


上に挙げた役者達が それぞれ一癖ある人物設定を見事に演じており、見所の多い仕上がりとなっている。


オンタイム時に 私は1話と2話を見逃してしまっていたので 今回はその補間もあってDVDを購入したのだが、このドラマは今年見た数多のドラマの中でもトップクラスのクォリティだと感じている。


お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『谷村美月』関連の記事

コメント

結局、今年のドラマでパンドラを超える物はありませんでした。

他では国営放送に佳作が多かったように思います。
土9のフルスイング、トップセールス、監査法人、上海タイフーン、ジャッジ2
木8のキャットストリート
いずれも放送回数が6回位で見やすいです。民放ドラマもこれくらいでいいような?

ネタドラマとしてはハチワンダイバーや愛讐のロメラ、打撃天使ルリあたりが良かったように思います。

あと印象に残ったのは
あしたの喜多善男、ゴンゾウ、ギラギラ
七瀬ふたたび、陽炎の辻2
といったところでしょうか。

★ やじ さん

>今年のドラマでパンドラを超える物はありませんでした。

たしかに、判る気がします。^^


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。