« 続・スズメの実がなる木 | TOPページへ | ノベライズ版「ハッピーフライト」 »

2008年11月19日

● J Ships 34


「J Ships」というマニア向けの雑誌がある。




J Ships 34

イカロス出版発行


この雑誌は 主に海上自衛隊の話題を中心に、他国の海軍の艦艇の写真とか 旧軍の艦艇の話題などを編集しており、2、5、8、11月という風に3ヶ月おきに発行されている。


今回、これを記事にしたのは 最新号である34巻に 不肖・宮嶋が海上自衛隊の練習艦「かしま」に同乗してブラジル訪問した記事が載っているから。


思えば、不肖・宮嶋がカンボジアのPKOに行く輸送艦に同乗した時の話を含めて『ああ、堂々の自衛隊』の頃を思うと 現在の宮嶋茂樹に対する自衛隊の思い入れが手に取れるようで感慨深い。


先頃、論文が問題となって航空自衛隊の幕僚長が更迭された。


まぁ、いろんな人が いろんな事を言っている様だけれども それらの論調を考えると、いまだに日本という国のメディアや識者は 公正中立とか、将来的視点で…とかいう部分に奢りと偏りと感じる。


例えば、「先の大戦は日本の侵略か否か?」という件に関し この日本という国の現在の歴史観で結論なり、統一見解などが出ているのか?


多くのメディアや識者は「侵略じゃなかった」と誰かが言うと こぞって「何を馬鹿な事を言ってんだ!」と叩く


しかも、それが今回の様に自衛隊関係者の発言となれば徹底的にである。


でも、統一見解が出ているのならばともかく まともに論議をされていない件なのだから ひとつの意見を呈する事が どうして問題なのか? いや、反射的に文句を言うのではなく 少なくとも その論文の内容を示した上で「どう思う?」と世に問うのがメディアの役割であり 識者は自分の立場や見解を示した上で持論なり 反論なりを示し、それをも世に問うべきなんじゃないのかね?


政治家や芸能人の失言をエサに 格好の話題としてネタにするのも結構だが、そんなのはワイドショーでやってればいい話なのだが、大新聞社さんとか キー局の看板報道番組で取り沙汰すのであれば ちゃんと、双方の論理を充分に読者や視聴者に偏向抜きで示した上で問う姿勢が無いモノなのかね?


自衛隊関係者の発言として如何なモノ… 今回の空幕長の更迭に そう指摘する自称・識者やニユースキャスターが多く耳目にしたけれど 職業の如何に関わらず、それなりの発言の自由ぐらいは認めて 耳を貸してやるぐらいの度量が無い狭量さに辟易とする。


だって、それじゃぁ「俺は無責任に自由に発言してもいいけど 君は立場上 ダメ」と言い、挙げ句には責任をも追及する… それがフェアな姿なのか?


こんな事は 今に限った話では無い。


だから、宮嶋茂樹の様に 良いも悪いも ちゃんと取材した上で指摘する人こそ 本当のジャーナリストだと私は思う。




ちなみに「J Ships」には


  「J Wing」(航空自衛隊) 毎月発行


と、


  「J Ground」(陸上自衛隊) 3,6,9,12月に発行


という姉妹雑誌があり、これらは 私の愛読雑誌でもある。

お駄賃

 気が向いたら…で結構です。^^;

 この記事への御駄賃がわりに下のバナ-のいずれかを クリックして頂けると嬉しいです。^^
 (全部、クリックしてくれると もの凄く嬉しいのは事実です。^^)

ブログランキング・にほんブログ村へ Blog Ranking 人気映画・TVBLOG blogram投票ボタン BlogPeople「自分のこと」部門にクリック BlogPeople「テレビ」部門にクリック BlogPeople「映画」部門にクリック

『宮嶋茂樹』関連の記事

コメント

ブタネコさんへ
ご無沙汰していますが、毎日楽しませていただいています。札幌は寒そうですね、体にお気を付けください。田母神前幕僚長の論文に関して一言言わせてください。彼の論文の中身が正しいかどうかは、わかるすべはないと思っています、何故なら当事者は殆ど世を去っているので、事実を聞くすべはありません。それなら当事者や関係者の文献をということになりますが、それも筆者や編集者の都合でいかようにも改ざんされている可能性もあります。つまり我々素人は誰を、どの文献を、信じるかどうかということに帰結します。彼は損を覚悟で自分の信じることを文章にしましたが、国民の興味を煽るほど得になると思っているマスコミのキャスターや解説者のしたり顔でのコメントの中身よりも、よっぽど田母神氏が信じていることのほうが信用できると思っています。ふとどういう訳か白夜行での武田鉄也刑事の’目の前の事実かて真実とは限らへんで’という台詞が思い浮かびました。

★ タンク さん

>彼は損を覚悟で自分の信じることを文章にしましたが

ですね

ブタネコさんへ
このブログを読んだあと早速本を買いに、近所の本屋さんに行ったのですが案の定在庫なし、取り寄せを頼んで今日手にすることができました。自衛隊に関して無知を恥じ入るばかりです。

★ タンク さん

恥じる事はありません ほとんどの国民がそうなんですから…


【※注意!!】

この記事は『ブタネコのトラウマ』の倉庫に保管されている記事なのでコメントの投稿は出来ません。 2015年2月10日以降 このクソブログは『ブタネコのトラウマ・リニューアル版』に移転しましたので新規記事更新及び、過去記事へのコメントの受付もそちらで行っておりますので お手数ですが、そちらへの移動をお願い申し上げます。